大学生のためのクレジットカード基礎知識

ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)割引・優待サービスのクラブオフ搭載

詳細⇒ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)

ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)

学生生活には何かとお金が掛かります。お金に余裕があればいいですが、サイト管理人自身がそうだったように、毎月ギリギリの生活を強いられている学生の方がどちらかと言えば多いのではないかと思います。そんな学生に知ってもらいたいのが、節約に一役買ってくれるベネッセ・イオンカード(WAON一体型)。

進研ゼミやこどもちゃれんじなど子供教育でお馴染みのベネッセとイオン銀行による提携カードです。

ベネッセとイオンの提携カードが節約に一役買う?疑問に思った方も少なくないと思いますが、間違いではありません。

ベネッセ・イオンカードには、他のクレジットカードにはあまりみられない会員制割引・優待サービス『クラブオフ』が付いているのです。喫茶店やファミレス、居酒屋といった飲食店、ホテルや旅館、民宿などの宿泊施設、遊園地やカラオケなどのアミューズメント施設、その他レンタカーや資格取得など各種サービスを会員だけの特別料金で利用することができるのです。

節約しながらも学生生活を楽しむには、まさにうってつけのクレジットカードと言っていいでしょう。それでいて年会費は一切掛かりません。永久無料です。

基本となるポイント還元率は0.5%と決して高いとは言えませんので、メインカードとしてバンバン利用するというよりは、クラブオフの割引特典を目的にサブカード的に持つのがベターと言えるでしょう。

もちろん、クレジットカードを何枚も持ちたくないという場合は、これをメインに使っても問題ありません。学生で多額のカードショッピングを利用するということはあまり考えられませんので、ポイント還元率の高低による差は大した問題にならないと思われるからです。

クラブオフ会員制割引・優待サービス

冒頭でもさらっと説明しましたが、クラブオフは会員制の割引優待サービスで、通常は、会社単位で契約し、社員の福利厚生サービスとして利用されます。つまり、クラブオフに加入している企業の社員がレストランで食事したり、ホテルに宿泊する際などに、会員だけの特別料金で利用できるというものです。

飲食や旅行関係はもちろん、レンタカーやカラオケ、各種レジャー施設など、学生生活で多くの方が利用するであろう施設・サービスが多数登録されていますので、旅行やお出かけ、外食などの際にチェックして利用すればかなりの節約が可能になります。

なお、優待メニューは沢山ありすぎてここで全てを取り上げることはできませんが、例えば映画館であれば、次のようなものがあります。どこも1,300円で鑑賞できます。

  • イオンシネマ
  • MOVIX
  • ユナイテッド・シネマ
  • シネプレックス
  • 109シネマズ
  • T・ジョイ

大手シネコンのほとんどがラインアップされています(TOHOシネマズは未登録)。

カラオケでは・・。

  • ビッグエコー
  • まねきねこ
  • シダックス
  • コート・ダジュール
  • ジャンボカラオケ広場
  • カラオケ館
  • JOYSOUND直営店
  • カラオケルーム歌広場
  • カラオケの鉄人

といった具合に店舗数の多い有名店が割引対象になっています。

利用しようとする全てのお店・サービス等が割引対象となっているとは限りませんが、この手のサービスの会員になっておくと思わぬ時に得することがありますので、学生生活をお得にしたいとお考えの方は、ベネッセ・イオンカードを検討してみることをおすすめします。

ちなみに、クラブオフとは別にイオンカード会員なら誰でも使える優待施設があります。クラブオフの小型版みたいなものですが、クラブオフと併せて利用すれば、お得の機会がより広がると思います。

以下、ベネッセ関連特典やイオンカード系の特典を紹介していきます。

ベネッセ関連特典

進研ゼミやこどもちゃれんじなどを子供に受講させている親御さんに関係する特典なので、学生結婚をしていて、既にお子さんがいるという大学生等を除いては、ベネッセ関連特典を使う機会はそうそうないと思いますが、念のため、以下説明します。

ベネッセポイントに交換できます

ベネッセ・イオンカードの利用でもらえるときめきポイントをベネッセポイントに交換し、ベネッセポイントとして利用することができます。これは、イオンカードの中でもベネッセ・イオンカードの会員だけの特典で、1000ポイントから500ポイント単位で交換できます。

もっとも、ベネッセポイントは進研ゼミやこどもちゃれんじの受講料や、たまひよSHOPで育児関連商品等を購入する際に利用できるものなので、高校を卒業して大学生や専門学校生などになってしまった方には使い道はほとんどないと思います。

受講料の支払い手数料が無料に

進研ゼミとこどもちゃれんじの受講料を振り込む際に掛かる手数料が無料になります。これも大学生などには関係ありませんね。

ポイントプログラム

イオンカードで実施している『ときめきポイント』が適用されます。カードショッピング税込200円毎に1ポイント付与。ポイント還元率は0.5%で、ポイント有効期限は最長2年とごく一般的な内容です。

獲得ポイントは各種商品と交換できるほか、WAONポイントやdポイントへの移行、Suicaへチャージしたりすることも可能。また、イオンのショッピングサイト『イオンスクエア』での買い物に使うことも可能です。

割引・ポイント優遇サービス(イオン関連)

イオンのクレジットカードということで、イオン関連の特典は特に充実しています。イオンのグループ店舗を利用する機会がある方は、積極的な活用をおすすめします。

イオングループのお店でいつでもポイント2倍

通常、税込200円に付き1ポイントのところ、税込200円に付き2ポイントが付与されます。例えば、以下のようなイオングループのお店が該当します。

  • イオン
  • イオンモール
  • イオンスタイル
  • イオンスーパーセンター
  • マックスバリュ
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • ミニストップ
  • ウエルシア薬局
  • ハックドラッグ
  • イオンシネマ
  • スポーツオーソリティ
  • イオンバイク
  • 未来屋書店

毎月20日と30日はポイント2倍

毎月20日と30日はお客さま感謝デー。イオングループの対象店舗で5%引きで買い物ができます。カード払いやWAON払いはもちろん、カード提示&現金払いでもOK。また、イオンiDで支払う場合も割引されます。

毎月10日はポイント2倍

ときめきWポイントデーと称して、毎月10日はカードショッピングでもらえるポイントが2倍になります。対象外となるお店・商品がありますので要注意。

ときめきポイントTOWN経由でポイント最大21倍

オンラインショッピングモール『ときめきポイントTOWN』を経由して、加盟店で買い物をするとポイントが最大21倍もらえます。アマゾンや楽天市場など大手通販サイトが沢山登録されています。

WAONやイオンiDも利用可能

ベネッセ・イオンカードは、クレジットカードとしてカードショッピングができるほか、前払い型の電子マネーWAONや、後払い型の電子マネーイオンiD(モバイル型)も利用することができます。

WAONはカード一体型なので加盟店などでチャージすればすぐにでも使えますが、イオンiDは、利用手続きやアプリのダウンロード等が必要になるのでご注意下さい。また、イオンiDを利用するには対応する携帯電話、スマートフォンが必要になります。

評価

年会費無料ながらクラブオフが利用できるのはかなりの高評価。割引・優待に興味がある方は是非。

詳細⇒ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)

カード名称 ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)
年会費 本カード 永久無料
ETCカード
希望者のみ
年会費:無料/発行手数料:無料
最短発行 約2週間
国際ブランド VISAMastercardJCB
申込資格 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生は除く)
発行会社 株式会社イオン銀行

最終更新日:2017.7.21

ページトップへ