大学生のためのクレジットカード基礎知識

HOME>三井住友カード>

ザクVISAカードガンダムシリーズ第二弾

詳細⇒ザクVISAカード

ザクVISAカード

ザクVISAカードは、かつて少年たちを熱狂の渦に巻き込んだ超人気アニメ『機動戦士ガンダム』と三井住友カードによる提携カード。ガンダムVISAカードに続くシリーズ第二弾。

アニメキャラクターとしてのザクは、束になってガンダムに襲いかかっても簡単にやられてしまう弱い印象が強いと思いますが、メカニックデザイナー大河原邦男氏によりデザインされたザクはとても格好良く、強そうな仕上がりに。クレジットカードとしての用途はもちろんですが、ガンダムグッズの一つとして楽しむこともできるのではないでしょうか。

その他、カードショッピングで獲得したポイントを利用してオリジナルグッズと交換することも可能。ザクVISAカードを通して大好きなガンダムグッズを増やすことができるのです。

世代が大きくずれていますので、今どきの学生でガンダムファンだという方はそう多くはないと思いますが、興味がおありの方は是非検討してみてはいかがでしょうか。年会費が高く保有が難しいと思われるガンダムVISAカードとは異なり、ザクVISAカードは、簡単にクリアできるであろう年会費無料条件付きで持ちやすい一枚です。

オリジナルアイテムと交換できるポイントプログラム

ザクVISAカードは、カード発行元の三井住友カードのポイントプログラム(ワールドプレゼント)が適用されますが、一般の三井住友カードと異なり、ガンダム関連のオリジナルアイテムとの交換が可能です。以下は一例ですが、大河原邦男氏による直筆サイン入り複製原画やロックグラスなどは個人的にも興味の惹かれるアイテムです。

ポイントは、毎月のショッピング利用額に応じて付与されます。税込1,000円に付き1ポイント(ポイント還元率は0.5%)。ポイント獲得月から2年間有効です。

ザクVISAカードのそのほかの特典

ガンダム関連の特典・サービスは、券面にザクが描かれていることと、ポイント交換でオリジナルアイテムと交換できるといった点くらいになりますが、三井住友カードのクレジットカードということで同社提供のサービス・特典を利用することができます。主なものについて、以下まとめました。

ネット通販時にお得なポイントUPモール

楽天市場などメジャーな通販サイトが加盟している会員向けオンラインモール。モール経由のショッピングで獲得ポイントが最大20倍にもなる人気特典です。

街中のお店でお得なココイコ!

ポイントUPモールはオンラインサービスですが、ココイコ!は実店舗で受けられるお得なサービス。事前エントリーした上でココイコ!登録のお店を利用するとポイント増額やキャッシュバックが受けられます。

ショッピング保険

ザクVISAカードで購入した商品が壊れてしまったり、盗まれてしまった場合に適用される保険。万が一の時に重宝します。購入した日から90日間、年間100万円(自己負担3,000円/事故)まで補償されます。ただし、国内利用分については、リボ・分割払いが補償対象になります。

その他のカードも要チェックです‼

ガンダムシリーズは全三種類。ザクVISAカード以外の二枚も検討してみてはいかがでしょうか。重複して作成することも可能です。

ガンダムVISAカード

ガンダムVISAカードは、年会費(税別3,000円)がネックになろうかと思いますが、条件(年間30万円以上のカードショッピング)を満たすともらえるオリジナルプレゼントが欲しいという方におすすめです。

シャー専用VISAカード

シャアのファンだという方には、シャア専用VISAカードがおすすめ。意外にも年会費無料で作れるほか、券面も二種類から選択可能。シャア専用VISAプリペイドカードの入会特典付き(2018年1月現在)。

ガンダムシリーズ比較表

ガンダムシリーズ全三種類のカードスペックが比較できる一覧表は以下からご覧になれます。

表示する

評価

年会費が実質無料ということで、学生の懐に優しいという点は〇。ただ、ザクVISAカードを名乗る割には関連特典がそれほど多くない印象です。

詳細⇒ザクVISAカード

カード名称 ザクVISAカード
年会費 本カード 税別1,250円 初年度無料
マイ・ペイすリボへの登録と年1回以上のカード利用で次年度の年会費が無料になります。
※マイ・ペイすリボは入会時にデフォルト設定されています
ETCカード
希望者のみ
税別500円 初年度無料
年1回以上の利用があった場合、次年度の年会費は無料になります。
最短発行 最短3営業日
国際ブランド VISA
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)
未成年者の場合は親権者の同意が必要
発行会社 三井住友カード株式会社

関連ページ

最終更新日:2018年2月5日

ページトップへ