大学生のためのクレジットカード基礎知識

HOME>セゾンカード>

ヤマダLABI ANAカード

詳細⇒ヤマダLABI ANAカード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

ヤマダLABI ANAカード(正式名称:ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード)は、流通系カード会社の大手クレディセゾンと家電量販店1位のヤマダ電機、航空大手の全日空という各界の大手三社による提携カード。

次のような学生におすすめ。いずれかに該当する場合は要検討です。

  • ヤマダ電機でお得な買い物がしたいと思う
  • 旅行好きで『飛行機』でお得な旅行がしたいと思う

ヤマダLABI ANAカードは、ヤマダ電機で一番お得なクレジットカードですし、ANAマイルを貯めて特典航空券(マイルとの交換でもらえる無料航空券)との交換も可能。飛行機を使ったお得な旅行が実現します。

なお、ANAマイルと言えば本家ANAカードを思い出す方も多いと思いますが、学生でマイルを貯めるのに必ずしも本家カードがいいとは限りません。年会費やポイント有効期限の有無などヤマダLABI ANAカードの方が優れている点も少なくありません。

その他、ヤマダLABI ANAカードには年会費ではなく、口座維持手数料という名目の維持費が掛かります。初年度無料で次年度以降は税別500円。年1回の利用があれば無料になるので実質無料と言っても過言ではありません。ご安心下さい。

三つのポイント機能が搭載されています

ヤマダLABI ANAカードは、以下三つのポイント機能を搭載しています。

  • 永久不滅ポイント(セゾンカード)
  • ヤマダポイント(ヤマダ電機)
  • ANAマイレージクラブ(全日空)

永久不滅ポイント

基本となるポイントプログラムでクレディセゾンの永久不滅ポイントが適用されます。クレジット払い1,000円に付き1ポイント。還元率は0.5%と一般的なものですが、有効期限がないのが魅力。ここでじっくり貯めて、ヤマダポイントやANAマイルへ移行するのもいいですし、その他提携ポイントへの移行や各種賞品との交換も可能です。

ヤマダ電機でお得!

ヤマダLABI ANAカードは、ヤマダ電機で得するNo1カードです。ヤマダ電機でクレジット払いで買い物すると、セゾンの永久不滅ポイントとは別にヤマダ電機の独自ポイント『ヤマダポイント』が現金払いと同率で貯まります(他のカードだと還元率が下がります)。その他、来店時にチャレンジできるポイントマシーンを利用すれば最大4,000円分のポイントが当たります。

獲得したヤマダポイントは、ヤマダ電機での買い物に1ポイント=1円として利用できるほか、ANAマイルへ移行することも可能です。

ANAマイルを貯めて無料航空券で旅をしよう!!

このカードの最大の魅力と言っても過言ではないのがマイル特典です。ANAマイレージクラブの会員機能が付いており、マイルを貯めたり、貯まったマイルを特典航空券と交換してお得に旅行することができます。

マイルの基本

マイルとはポイントプログラムで言うポイントと同義で、航空会社が運営するポイントプログラム(マイレージプログラム)の単位をマイルと言ったり、マイレージと言ったりします。貯まったマイルは主に特典航空券と交換したり、座席のアップグレードなどに使います。

ヤマダLABI ANAカードなら確実に特典航空券が手に入る

ヤマダLABI ANAカードで、マイルを貯める方法は大きく三つあります。一つ目はフライトマイル。ANA便やスターアライアンス加盟各社の航空機へ搭乗すると、フライト距離に応じてマイルが付与されます。

二つ目は、提携パートナーと呼ばれる店舗やサービスの利用。楽天市場やYahoo!ショッピングなど馴染みの通販サイトなども多数あります。そして、最後にクレジットカードで付与されるポイント移行によるマイル獲得です。多くの学生にとって、これが一番重要です。

飛行機への搭乗機会が多い学生はハイペースでフライトマイルを貯められますが、そうでない学生は、フライトマイルを当てにしていたのでは、有効期限切れもあったりで、いつまで経っても特典航空券に手が届きません。

そこで、飛行機搭乗機会が少ない人の多くは、カード利用ポイントをマイル口座へ移行することでマイルを増やしていくことになります。そこで重要なのがポイントの有効期限です。

ヤマダLABI ANAカードでカード払いをすると、利用額に応じて永久不滅ポイントが付与されます。永久不滅というだけあって、有効期限がありません。これが大きな強みになります。

期限切れがないため、マイペースで貯めることができ、特典航空券がもらえるだけのポイントが貯まった段階でANAマイルへ移行(200ポイント=625マイル)し、特典航空券と交換します。有効期限がないから、必要ポイントを貯めるのに何年かかっても構いません。

もし、これが本家ANAカードだとどうなるでしょう?ANA JCBカード(学生)など、いわゆる本家ANAカードの場合、ポイント有効期限が2年間で、マイル移行後のANAマイルの有効期限が3年ですので、マイルを貯めだしてから最長でも5年で貯めないと、最初の方に貯めたポイントから失効してしまいます。

しかも、本家ANAカードの場合、在学中は年会費掛かりませんが、卒業すると年会費が2,000円(税別)になります。必要マイルを貯めるのに時間を要していると費用ばかりが掛かってしまい、なかなか特典航空券が手に入らないということにもなりかねません。

その点、ヤマダLABI ANAカードは、年会費も実質無料で、ポイント有効期限もないため、マイペースで着実にポイントを積み重ね、最終的には特典航空券に到達することが可能です。

詳細⇒ヤマダLABI ANAカード

カード名称 ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 本カード 税別500円 初年度無料
※年1回以上のクレジット利用で翌年度の年会費が無料に
※正式には口座維持手数料という名目になっています。
ETCカード
希望者のみ
年会費:無料/発行手数料:無料
最短発行 最短4営業日
国際ブランド AmericanExpress
申込資格 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
発行会社 株式会社クレディセゾン

ページトップへ