大学生のためのクレジットカード基礎知識

クレジットカード選びの考え方

クレジットカードは沢山の種類が発行されています。1枚1枚デザインが異なるのはもちろんのこと、年会費が無料のものもあれば、有料のものもあります。特典もカードによって様々。学生専用ライフカードのように海外旅行に強みを持つものもあれば、JCB EITのようにポイント還元率が高く、ショッピング利用に強みを持つカードなど、カード毎に強みや個性は色々です。

カードに対する希望が明確であれば、難しい話しではありませんが、初めてカード選びをするという学生さんなんかは迷ってしまうかもしれません。そもそもどんな観点で探せばよいのか分からないかもしれませんし、自分がクレジットカードに何を求めているかも分からなければ、何を求めていいかも分からないかもしれません。そこでクレジットカードの選び方について簡単にお話ししたいと思います。

年会費は無料あるいは実質無料で問題なし

クレジットカードに不慣れで、知識も乏しい段階で、わざわざ年会費の掛かるカードに手を出す必要はありません。無料あるいは、簡単な条件で無料になるもので十分です。

年会費の掛かるカードについては、就職して一定の収入が得られるようになってから、改めて考えるということで良いと思います。その場合でも必要がなければ年会費無料のもので十分です。年会費に対する考え方・方針を決めておくだけで、かなり候補は絞られてきますので、カード選びが楽になります。

欲張りすぎは禁物

クレジットカードにはそれぞれ特徴があるということは既に述べたとおりです。年会費が無料だとか、ポイント還元率が高いとか発行スピードが早いとか。そうした特徴の中で自分がこだわりたい条件を一つか二つくらいピックアップし、それに該当するカードを選ぶのが基本になります。

条件を増やしすぎると該当するカードが無くなりますので、年会費以外で一つか二つくらいに留めておきます。1枚で全てを満たすというよりは、複数枚のカードを持つことでカバーする。このように考えた方がカード選びがスムーズにいくはずです。

最初の一枚は気楽に、二枚目以降はより主体的に。

数あるものの中から自分に最適なものを選ぶのは骨の折れる作業です。クレジットカードへの希望は?などと言われても、さっぱり分からないというのが正直な所かもしれませんし、いちいち比較するのも時間が掛かるし面倒だという方もおられると思います。そのような場合は、とりあえず細かい部分は抜きにして年会費無料であれば、その他の部分は見た目などで判断してしまっても良いと思います。

少々乱暴な感じもしますが、こんな選び方でもクレジットカードを作るという目的は達成できますし、年会費も掛からないので懐が痛むということもありません。使い続けるうちにカードへの知識が深まり、カードに対する自分の要望や考え方がより明確になってくるでしょうし、既存カードへの不満が出てくるかもしれません。その段階で、より主体性をもって選びなおし、自分にとってより最適なものに乗り換えてしまえばいいのです。

既に何枚もカードをお持ちで使用経験も豊富だという方にとってはこの限りではありませんが、初めてカードを選ぶという方でカード選びが面倒だ、困っている、どうしてよいか分からないというような場合は、今述べたような思い切った選び方であっても決して悪くはないと思います。

ページトップへ