大学生のためのクレジットカード基礎知識

HOME>

ブランドで選ぶクレジットカード~セディナカード~

セディナカードは、2009年4月に三社合併(オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオーク)により誕生した株式会社セディナのクレジットカードブランド。同社は、三井住友カードと同じ、三井住友フィナンシャルグループのグループ企業です。

会員数1,665万人(2017年3月)は、国内カード会社の中でもかなりの規模を誇りますが、比較的新しいカードブランドということもありますので、ご存じないという学生も中にはいるかもしれません。

ちなみに、合併により誕生したセディナカード以外にもOMCカードやCFカードなど従前からのカードブランドも存続しています。これらの方が歴史が長いだけあって、セディナカードよりも知名度的には上かもしれません。

主な特典・サービス

セディナカードの主な特典・サービスを紹介します。なお、カードによっては適用外、あるいは内容が異なる場合もありますので、サービス適用の有無などに関しては、カード毎に公式サイトでご確認下さい。

ポイントプログラム

セディナカード会員は、わくわくポイントというポイントプログラムが適用されます。毎月のカードショッピング利用額200円(税込)に付き1ポイント付与が基本で、基本となるポイント還元率は0.5%。ステージ制が採用されており、年間利用額(1月~12月)に応じて翌年度のポイント倍率が決定されるのですが、学生が作れる一般カードの場合で最大1.3倍にまでアップします。

ポイント有効期限は獲得月から2年間。獲得ポイントは、各種アイテムやギフト券等と交換できるほか、nanacoポイントやドトールポイント、JALマイルといった提携ポイントやマイルへ移行することができます。

セディナポイントモール

セディナポイントモールは、カード会員専用のオンランショッピングモール。モールを経由して対象サービスを利用すると獲得ポイントが最大で20倍(カードによっては最大21倍)にもなるサービスです。アマゾンや楽天市場などの有名店が多数加盟されておりますので使い勝手も◎。

例えば、アマゾンや楽天市場はポイント2倍。旅行予約サイトのじゃらんnetはポイント3倍になっています(いずれも通常時)。

7日間無利息キャッシング

カード入会日から90日以内に初めてキャッシング(国内利用分のみ)を利用する場合、利用日を含む7日間無利息でお金を借りることができます。

ちなみに、初回無利息サービスは、流通系で人気のエポスカードでも実施しています。こちらは、初回限定で最大30日間無利息、しかも海外キャッシングも対象になっています。

ウキウキトラベル賞

毎月150名に当たる海外旅行、国内宿泊のプレゼント企画です。毎月のショッピング利用額1万円(税込)を一口として応募することができ、海外旅行は50名、国内宿泊は50組100名に当たります。詳細は公式サイトでご確認下さい。

三井住友銀行のATM等各種手数料が無料に

三井住友銀行のSMBCポイントパック契約口座をセディナカードの引き落とし口座に指定すると、引き落としがあった月の翌々月の三井住友銀行ATMの時間外手数料が無料に、また、コンビニATM時間外手数料やATM手数料が月3回まで無料になります。

※ATMからの振込手数料は無料の対象外になるほか、法人カードや提携カードなど本サービスの対象外となるカードがあることにご注意ください。詳細は公式サイトでご確認下さい。

ETCカード発行には手数料が掛かります

ETCカード発行には、ゴールドカードなど高額年会費の上級カードを除き原則1,000円(税別)の新規発行手数料が掛かります。年会費は一部を除いて無料が基本。発行手数料が掛かる時点でETCカード作成目的でセディナを選択することはあまりないと思いますが、ご参考まで。

ちなみに、ETC区間内車上荒らしお見舞金制度という珍しい特典が付いた、クレジットカードとETCカードが一枚になったセディナカードパスというカードも発行されています。ご参考まで。

関連ページ⇒学生でも作れるETCカード

締め日と支払日

締め日は月末で支払日は翌月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)です。締め日が月末というのは分かりやすくて◎です。支払日も25日が給料日というケースが多いでしょうから、多くの方にとって使い勝手が良さそうです。

セディナカード一覧

当サイトに掲載のセディナカードの一覧です。

最終更新日:2018年4月14日

ページトップへ