大学生のためのクレジットカード基礎知識

ブランドで選ぶクレジットカード~エポスカード~

HOME>エポスカード

エポスカード

エポスカードは、丸井グループの子会社である株式会社エポスカードの人気クレジットカードブランド。

マルイのカードと思われがちですが、お洒落なデザインカードや急ぎの際に重宝する即日発行サービス、充実の海外旅行保険など他ではあまり見られないサービスが豊富なこともあり、学生からの人気も抜群。マルイの利用機会が多い学生はもちろんですが、そうでない学生も注目すべきカードです。

なお、学生の場合は、社名と同じ名前が付いた一般向けのエポスカード(年会費無料)が主な検討対象になると思いますが、ワンランク上のゴールドカードも見過ごせません。

と言うのも、エポスゴールドカードは、①年間利用額50万円以上、あるいは②インビテーションからのゴールドカード申込&発行で年会費が永久無料になるとんでもなくお得なカードなのです。

一年だけでなく、ずーっと無料になるんです。社会人になったらゴールドカードが取得できるよう在学中から利用して実績を積み上げていくというのもありなのではないでしょうか。

プロパーカードは三グレード制

エポスカードは、社名にもなっている一般向けのエポスカードをはじめ、エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの三枚がプロパーカード(提携カードではない自社発行カード)としてラインアップされています。最上級グレードのエポスプラチナカードは、ゴールドカード会員からの招待制のため、直接の申込はできません。

なお、プロパーカードのほか、各種提携カードが多数発行されていますが、基本スペックは、プロパーのエポスカード(一般向け)のものと同等のものになります。

群を抜いた海外旅行特典

エポスカードの魅力のひとつは、海外旅行関連特典にあります。

海外旅行保険などは、多くのクレジットカードに付帯している定番特典の一つですが、エポスカードの海外旅行保険は一味違います。自動付帯なのはもちろんですが、海外旅行保険の中でも重要補償項目とされる『治療費用補償』の補償額が高いのです。

年会費無料、あるいは年会費千円前後の一般カードの場合、治療費用補償は、高くても200万円が限度です。普通は100万円だったり、カードによっては、ゼロにしているケースもあります。エポスカードの場合は、一般カードで最高270万円補償(疾病時)と充実しています。

また、海外旅行中に病気やケガをしてしまった時に助かる、緊急医療アシスタンスサービスがセット。これも実施しているカード会社があまり多くないサービスの一つで、いざという時に絶対に重宝します。

関連ページ⇒海外旅行・留学を考えている学生におすすめのクレジットカード

即日発行に対応

多くのクレジットカードは、申込から発行、そして手元に届くまでに結構な日数を要します。一週間程度掛かるのは当たり前。それでも構わないという人も多いと思いますが、できるだけ早く手にしたいというケースも少なからずあるはずです。

そんな時に重宝するのが、即日発行サービスで、最短で申込当日にクレジットカードを手にすることが可能です。なお、即日発行サービスは、マルイに設置されているエポスカードセンターに直接出向いてカードを受け取る必要がありますので、利用できるのは、マルイ店舗の多い首都圏や関西、九州の一部など一部の地域にお住まいの方に限られるサービスとなります。

関連ページ⇒急ぎの学生におすすめの即日発行クレジットカード

飲食店やカラオケなど優待特典が充実

エポスカードには、会員共通で使えるエポトクプラザという優待サービス(割引やポイント優遇など)があって、これが結構使えます。レストランやカフェなどのグルメ関連はもとより、映画やミュージカル、コンサートチケット、旅行関連やアミューズメント施設の割引など、お得な学生生活に関連する優待サービスが豊富に用意されています。

例えば、ファミレスのロイヤルホストでは、エポスカードの提示で合計金額から10%引き。結構大きいです。また、カラオケのシダックスでは、入店時にエポスカードを提示するだけでルーム料金が30%引きになるほか、カード払いでポイント10倍になるなどお得度満点です。

国内キャッシング

理由は何であれ、金利が掛かってしまうキャッシングの利用は、あまりおすすめできることではありませんが、時と場合によっては頼れるサービスであることも事実です。でもって、大概のクレジットカードには、キャッシング機能が付いているので、使うおと思えば誰でも利用することが可能です(キャッシング枠をゼロにしている場合は使えません)。

で、ここからが重要なのですが、カード会社が提供しているキャッシングサービスは、どれも同じではありません。金利を払うことを条件にお金を貸してくれるという部分は同じですが、返済時や借入時の利便性、金利以外の手数料などの部分で各社かなり違いがあるのです。

ここでは、詳しいことは述べませんが、エポスカードのキャッシングサービスは優秀です。手数料無料で利用可能なATMが多く、一部ATMでは千円単位での借り入れができる(一万円単位でのキャッシングが一般的)など使い勝手は抜群です。

ちなみに、初めて利用する場合の最大30日間の無利息サービスは、他ではほとんど見られないサービスです。※無利息サービスは海外キャッシングにも適用されます。

関連ページ⇒キャッシングにおすすめのクレジットカード

選べるカードフェイス

エポスデザインカード

エポスカードには、赤とシルバーの通常カード以外に70種以上のデザインカードがあります。有料(税込500円)になってしまいますが、カードデザインに拘りたい方におすすめです。

カードデザインが複数あるというケースは、決して珍しいことではありませんが、ここまで多いのは、エポスカードをおいて他にはないと思われます。

参考⇒エポスデザインカード(外部サイト)

マルイでお得

エポスカードは丸井グループの子会社ですからマルイでお得なのは言うまでもありません。『マルコとマルオの7日間』と銘打った10%割引キャンペーンを年4回実施。店舗はもちろん、マルイの通販サービス『マルイウェブチャネル』での買い物も10%引き。また、それとは別に、マルイウェブチャネルの配送料が優遇されるなどのメリットもあります。

ゴールドカードになると・・

エポスゴールドカード

冒頭でも触れましたが、エポスゴールドカードは、年会費無料で持てる可能性のある魅力的なカードです。通常年会費は税込5,000円で、特典内容もランクアップ。

旅行関連では、海外旅行保険の治療費用補償が最高300万円にアップ。死亡・後遺障害補償も最高1,000万円にアップします。また、国内・海外の空港ラウンジの無料サービスやVISAゴールドの特典(空港宅配や国際線クロークの割引サービス等)も利用できます。

ポイント関連では、有効期限が2年から無期限に拡大されるほか、カード利用額に応じたボーナスポイント制度が適用されます。

エポスカードの弱点

これまで述べてきたように、エポスカードには素晴らしい点が沢山ありますが、他と比較して弱点と言える部分が全くないとは言えません。

ポイント還元率の低さ

メインカードとしてガンガン利用するには、ポイント還元率が高いに越したことはありませんが、エポスカードのポイント還元率は業界標準の0.5%。カード利用額が多く、ポイント還元率を重視している方にとって物足りなく感じるかもしれません。

国際ブランドがVISAのみ

弱点というほどではないかもしれませんが、国際ブランドがVISAに限られています。世界No1の国際ブランドですからVISAで十分とも言えますが、選択肢は多いに越したことはありません。

海外旅行保険の死亡・後遺障害補償が低い

海外旅行保険に関してですが、治療費用補償が高額な一方で、死亡・後遺障害補償が弱いです。一般カードの場合で最高500万円補償(学生専用ライフカードの死亡・後遺障害補償は、最高2,000万円になっています)。他と比べてかなり見劣りしますが、重要度はそれほど高くないので、この点はあまり気にする必要はないと思います。

エポスカード一覧

当サイトに掲載のエポスカードの一覧です。

ページトップへ