大学生のためのクレジットカード基礎知識

国際ブランドの知識と選び方

新しくクレジットカードを作る時に、国際ブランドを重視してカード選びをするケースはそう多くないと思いますが、その一方で、作るカードを決定し、いざ申し込もうという段階で国際ブランドの選択を求められることが、しばしばあります。

フィーリングで選んでしまっても、国内限定で利用する分には、全くと言っていいほど支障はありませんが、多少なりとも知識があれば、最適な国際ブランド選びが可能になります。

というわけで、ここでは、国際ブランドの基礎知識や選び方などについて紹介したいと思います。また、最後には、国際ブランドで絞込み可能なクレジットカード一覧を掲載していますのでご参考下さい。

国際ブランドとは?

クレジットカードで買い物をする仕組みを世界規模で持つ企業を国際ブランドと言います。VISAやMastercardなどのことで、クレジットカードに疎い方でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?国際ブランドは世界で七つあり、そのうちの主な五つを五大国際ブランドと言います。

五大国際ブランドと言う場合は、VISA(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、AmericanExpress(アメリカン・エキスプレス)、Diners Club(ダイナースクラブ)を指します。七大国際ブランドと言う場合は、新興の中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discover Card(ディスカバーカード)を加えます。

国際ブランドの見分け方は簡単です。右のクレジットカードは、海外志向の学生から特に人気のある学生専用ライフカードですが、券面右下にある赤丸しるしの部分が国際ブランドを表します(この場合はVISA)。大概は券面右下に表示されていますが、例外もあります。

なお、利用者にとって国際ブランドが何を意味しているかと言うと、国際ブランドが持つ全世界の加盟店でカードショッピングができるということです。VISAが付いているクレジットカードをお持ちの場合は、VISAが持つ世界数千万の加盟店でカードショッピングができるのです。

実際にお店やネット通販でクレジットカードを利用する時のことを考えてみましょう。カード払いができるお店では、利用可能な国際ブランドのロゴマークを実店舗なら入口やレジ脇に掲示しています。それが、自分のクレジットカードに付いている国際ブランドと合致していれば、カードショッピングが可能であることを意味します。

各国際ブランドの特徴

各国際ブランドの特徴を簡単に紹介します。

VISA取扱高No1の超人気国際ブランド

日本でもお馴染みの取扱高シェア世界No1(50%超!!)の人気国際ブランド。加盟店数も多く(世界200以上の国と地域に数千万店)国内はもちろん海外においても使い勝手抜群。特に、海外旅行や海外留学など海外志向の学生にとっては、絶対に抑えておきたい国際ブランドです。

VISA自身はクレジットカードの発行を行っておりませんので、VISAブランド付きのクレジットカードを作りたい場合は、三井住友カードなどVISAと提携しているカード会社に申し込むことになります。※Mastercardも同じです。

三井住友VISAデビュープラスカード

VISAブランド付きのおすすめカードは、VISAの代名詞と言っても過言ではない、三井住友カードが発行する三井住友VISAデビュープラスカード。年会費も実質無料で高還元。大学生の超定番カードです。

Mastercard

VISAに続いて世界No2の取扱高シェアを有する国際ブランド。取扱高はVISAに大きく水をあけられていますが、加盟店数はVISAに肉薄しているため、使い勝手は申し分ありません。

なお、プライスレス・ジャパンという会員共通サービスは要注目。普段なかなかできない特別な体験プランや各種優待サービスが多数ラインアップしています。

学生専用ライフカード

Mastercardブランド付きのおすすめカードは、年会費無料で作れる学生専用ライフカードです。海外利用分5%キャッシュバックや高額補償の海外旅行保険など海外特典の豊富さが魅力。その他、誕生月ポイント5倍なども人気特典のひとつです。

JCB

JCB

外国企業が大半を占める中、ただひとつだけ日本企業が運営している国際ブランドがJCBです。日本での使い勝手は申し分ありませんが、海外利用に不安があると言われがち。もっとも、アジア周辺各国やハワイやグアム、米国本土など日本人がよく行く国や地域ではVISAなどと遜色なく利用できます。

また、JCB会員共通サービスには、JCBプラザやJCBプラザ ラウンジ、JCB優待ガイドなど、海外関連のものが豊富なため、海外渡航機会があるなら、一枚はJCBブランド付きのクレジットカードを持っていくべき。国際ブランドのリスク分散にもなりますので、持っていて損はありません。

なお、JCBブランドのクレジットカードを作りたい場合は、国際ブランドJCBを管理・運営している株式会社ジェーシービーに直接申し込むか、提携会社(クレディセゾンなど多数)などに申し込むことになります。

JCB EIT

JCBブランドのおすすめカードは、年会費永久無料のJCB EITです。ポイント還元率が高く、高額の海外旅行保険が魅力。最短3営業日発行のスピード発行にも対応してるため、お急ぎの方からも選ばれています。

AmericanExpress(アメリカン・エキスプレス/アメックス)

アメリカン・エキスプレス

アメックスは富裕層向けの国際ブランドである一方、自ら旅行・娯楽系特典が豊富なクレジットカードの発行も行っています。

アメックスのプロパーカード(自社発行カード)は年会費が高く、学生には不向きですが、提携会社が発行しているものの中には、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのように年会費実質無料で作れるものもあります。

Diners Club(ダイナースクラブ)

ダイナースクラブ

富裕層向けの国際ブランド。年会費が高く(最低でも税抜22,000円)学生には不向き。学生で作れるカードは恐らくないと思われます。興味がある方は、社会人になってある程度稼げるようになってからチャレンジすることをおすすめします。

なお、富裕層向けということもあり、高級ホテルや高級レストランなど高級店に加盟店が多いのが特徴。国内加盟店は多くはありませんが、JCB加盟店でも使える(ダイナースとJCBは提携関係にあります)ため、カードが使えず不便な思いをすることは考えにくいです。

国際ブランドの選び方

国際ブランドを選ぶ際のポイントについていくつか紹介したいと思います。正直、国内で利用する分には大差ないので、あまり気にしなくてもいいというのが本音ですが・・。

注目は三つの国際ブランド

五大国際ブランドのうち、学生が注目しておきたいのは、VISAとMastercard、JCBの三つです。AmericanExpressも一部作れる提携カードがありますので、興味がある方はアメックスも検討候補に入れるといいでしょう。

初めて作るならVISA

大学生になって初めてのクレジットカードを作ろうという時におすすめなのは、国内外に加盟店が多く、圧倒的人気のVISAがおすすめ。JCBやMastercardの使い勝手に問題があるというわけではありませんが、最初の一枚目に関しては定番を抑えておいた方が無難だと思います。

二枚目、三枚目ならバランス重視

既にクレジットカードをお持ちの場合、持ってない国際ブランドがおすすめ。国際ブランドによって加盟店が異なるため、VISAは使えるのにJCBは使えないといったことが起こらないとは限らないからです。国際ブランドは、バランスよく持つことが大事なのです。

共通サービスで選ぶ

クレジットカードにはポイントプログラムをはじめ、様々な特典やサービスが付いてきますが、その多くは、発行元カード会社がが提供するものです。その一方、結構忘れられがちなのが、国際ブランドの共通サービス。国際ブランド毎に会員共通のサービスが用意されていますので、その内容を見て選ぶというのもありです。

海外利用を想定するなら

卒業旅行や海外留学など、海外で使うことを想定するなら、まずは、加盟店が多いVISAかMastercardを抑えつつ、二枚目、三枚目以降はバランス重視で他の国際ブランドを選ぶことをおすすめします。なお、ハワイやグアム、アジア周辺各国など日本人に人気の海外旅行先ではJCBもおすすめです。加盟店も豊富ですし、JCB会員共通サービスが結構使えます。

見た目や好みで選ぶ

国内だけで利用する分には、どの国際ブランドでも大差ないので、見た目や雰囲気で選んでしまってもいいと思います。ロゴマークの好みもあるでしょうし、券面デザインとロゴマークのバランスなど、実用性とは関係ない部分で選ぶのも悪くはないと思います。

関連ページ

クレジットカード一覧

国際ブランドで絞込み可能なクレジットカード一覧です。

国際ブランド
年会費

ページトップへ