大学生のためのクレジットカード基礎知識

Mastercard二大国際ブランドの1つ

Mastercard

Mastercardは、VISAと双璧をなす二大国際ブランドのひとつ。『お金で買えない価値がある。買えるものはマスターカードで!』といったキャッチフレーズでお馴染み。

スポーツの国際大会のスポンサーになることが多いので、テレビ中継などでそのロゴマークを目にしたことがあるという学生も多いのではないでしょうか。この記事を書いている2015年に開催されるラグビーワールドカップのスポンサーにもなっています。

で、結局、Mastercardって一体何?と思われる学生も少なくないと思いますが、クレジットカードやプリペイドカードなどカード決済するためのインフラ設備を世界規模で運営・管理している企業のことで、同社が提供する決済サービスのブランド名でもあります。

Mastercardブランドが付いたクレジットカードを持っていれば、国内はもちろん、海外の加盟店での支払いに使うことができます。

なお、Mastercard自身は、クレジットカードの発行を行っておりません。その点はVISAと同じ。カード発行を行うJCBやアメックスとは異なります。従って、Mastercardのロゴ入りクレカを作るには、Mastercardがライセンスを付与したカード会社に申込む必要があります。

学生専用ライフカード

Mastercard付きのクレジットカードを発行しているカード会社には、学生専用ライフカードを発行しているライフカードやVISAで有名な三井住友カードなどがあります。なお、国内で最初にMastercardブランドのクレジットカードを発行したのは、ダイヤモンドクレジット(現 三菱UFJニコス)だそうです。

VISAとMastercardのどっちを選ぶ?

VISAかMastercardで迷う方が多いようですが、どちらを選んでも大差ありません。国内における加盟店数は同じですし、海外で見た場合は、VISAの方が若干多いようですが、使用する際に不便を感じるほどの差ではありません。

ただ、最初の一枚を作る場合は、加盟店数トップということもありますので、とりあえずVISAでいいと思いますし、既にVISAを持っているならJCBやMastercardなど他の国際ブランドを選ぶとよいと思います。

もっとも、国内利用だけを想定するならVISAに偏っても支障はありませんし、JCBやMastercardに偏っても問題になるようなことは生じないと思います。

サイト管理人の場合は、この記事執筆時の保有枚数は全三枚。うち、二枚がVISAで一枚がJCB。Mastercardはゼロです。※VISAのうち一枚は近日中に解約予定。

Mastercard付きクレジットカード一覧

当サイト掲載中のクレジットカードのうち、Mastercardブランドの選択が可能なクレジットカードの一覧です。三井住友のMastercardはちょっと考えにくいので、学生専用ライフカードをおすすめします。

年会費指定

ページトップへ