大学生のためのクレジットカード基礎知識

ENEOSでお得なクレジットカード

エネオス

JXTGエネルギーが運営するENESO(エネオス)は、ガソリン小売の最大手。店舗数も圧倒的に多く(全国11,000店舗以上)、利便性は抜群。共通ポイント大手の『Tポイント』にも加盟しているため、支払い方法をひと工夫すればお得度アップも可能です。

そこで、ENEOSでの給油機会が多い学生向けに、お得な支払い方法やお得なクレジットカードを紹介したいと思います。

なお、特に値引についてですが、店舗によって取扱いが異なることがありますのでご注意下さい。

ENEOSはTポイント加盟店

ENEOS Tカード

ENEOSは共通ポイント『Tポイント』の加盟店です。一部店舗を除き、ENEOS Tカード(年会費・発行手数料無料)を提示した上で給油すると200円(税別)毎に1ポイント(1円相当)付与されるほか、一般価格より数円安い会員価格で給油できます。

なお、店舗によっては、他のTカードを提示しても会員価格での給油が可能となる場合があるようです。

Tカード提示&高還元クレカ払い

よりお得度を高めたいとお考えの場合は、現金払いではなく、Tカード提示&カード払いがおすすめです。①Tカード提示によるTポイントに加えて、②カード利用ポイントが付きます。また、一部店舗を除き③会員価格での給油も可能です。年会費無料でポイント還元率の高いクレジットカードが狙い目です。

Yahoo!Japanカード

例えば、Tポイントを貯めているという学生には、ポイント還元率1%で直接Tポイントが貯まるYahoo!Japanカード(年会費無料)がおすすめです。Tポイント機能付きのクレジットカードですので、カード枚数を減らすことも可能です。

ENEOS発行のオフィシャルカード

ENEOSカード CARD S

ENEOSカード CARD S(20歳未満は申込不可)は、ENEOSのオフィシャルカード。年会費は実質無料(税別1,250円 初年度無料 年1回のカード利用で次年度の年会費免除)で学生でも利用しやすい一枚です。

ENEOSでリッター2円引きになるほか、一部店舗を除き、一般価格より数円安い会員価格が適用されるなどお得度抜群です。

また、ガソリン代値引だけでなく、標準で装備されているロードサービスの会員資格は、運転経験が少なく、ドライブ中のトラブル等に不安を抱えている学生にとってはありがたい特典と言えるでしょう。ロードサービス利用時に掛かる費用も非会員より大幅に安くなりますので、トラブル時の痛手を大きく軽減できます。

なお、ENEOSカード CARD Sをご利用の場合、Tカードを提示してのポイント獲得はできませんのでご注意下さい。

ENEOS 特別提携カード

楽天カード

ENEOSには特別提携カードというのがあって、ポイント倍増や一部店舗を除き会員価格で給油できるなどENEOS利用時に優遇が受けられます。

年会費無料の楽天カードは、そのうちの一つ。ポイント還元率が高い(1%還元)人気カードですが、ENEOS利用時ばポイント還元率が倍増(2%還元)します。基本還元率が高いため、給油での利用に縛られないのも◎。※Tカード提示によるポイント二重取りはできません。

なお、特別提携カードには、ビックカメラSuicaカードなどビューカード発行カードなども含まれます。

結局どれがいいのか?

一概には言えませんが、クレジットカードを作りたくないならTカード提示&現金払いがおすすめ。0.5%ポイント還元と店舗によっては会員値引分がお得になります。

次に、ガソリン代値引とロードサービスの会員資格が欲しいという場合はENEOSカード CARD Sがおすすめ。基本還元率がそれほど高くないので汎用性は低いですが、ドライブ用サブカードとしては充実したスペックを持ったカードです。

後は、できるだけポイント還元率の高いカードから、自分に合ったものを選ぶ形になります。還元率の高さを追求するならYahoo!Japanカードがおすすめ。Tポイントが貯まる上に還元率1.0%と高還元が魅力。ブランドイメージが良く、かつ還元率も高いカードがいいなら三井住友VISAデビュープラスカードといった具合です。

ENEOSでお得な学生向けクレジットカード一覧

ガソリン代値引やポイント還元など、ENEOSでのお得・節約が狙えるクレジットカードをリストアップしました。

年会費指定

関連ページ

ページトップへ