大学生のためのクレジットカード基礎知識

ポイント重視の学生向けクレジットカード

クレジットカードを利用する大きなメリットのひとつとしてあげられるのがポイントプログラムです。カード利用額に応じて一定数のポイントが付与され、ポイント数に応じてギフト券なり各種賞品と交換できますが、その内容は各社、あるいはカード毎に異なるため、カード選びの際には重要視される点の一つになります。このページでは、ポイントプログラムを見る際に抑えておきたい2つのポイントとお勧めのカードをいくつか紹介します。

ポイント還元率

サイト内でも当たり前のようにポイント還元率、あるいは還元率という言葉を使用していますが、ポイント還元率とはカード利用額に対して付与されるポイント数のことを言います。ただし、1ポイント当たりの価値はプログラム毎に異なるため、単純にカード利用額に対するポイント数を言っているのではなく、カード利用額に応じて付与されるポイントを金額換算したものをポイント還元率と言っています。

例えばカード利用額1000円で付与されるポイントが1ポイントの場合で、1ポイントの価値が5円相当だった場合はポイント還元率0.5%ということになります。単純に銀行にお金を預ける際の預金金利を考えて頂くと分かりやすいと思いますが、預金金利は高ければ高いほど良しとされますが、ポイント還元率の場合も同様です。

ポイント還元率は平均的には0.5%。良くて1.0%前後となります。特定のお店とカード会社が提携して発行しているようなクレジットカードの場合、自社サービス購入の際に利用した場合に限ってポイント還元を通常の倍にするといったサービスを行うこともありますので、ひとくちにポイント還元率と言っても、使い方などによって多少変化する場合もあります。

ポイント有効期間

ポイントには有効期間があります。一般的には2年程度。例外的に期限なしというものもあります。有効期間内に交換しないポイントは失効してしまいますので、できるだけ無駄にならないよう獲得ポイントは期間内に使用することを心がけるべきなのですが、それ以前にポイント有効期間の長いカードを利用すれば、それだけ余裕をもってポイントを貯めることができるようになります。

なお、クレジットカードの利用に関してはかなり個人差があると思います。特に利用額。普段は現金払いが中心でカード払いはごくわずかしかないといった場合、ポイント還元率の高いカードを利用してもなかなかポイントは貯まっていきません。そうした場合にポイント有効期間の長いカードを利用していれば、失効をあまり気にすることなくマイペースでポイントを貯めていくことができます。

重視したい点
年会費

ページトップへ