大学生のためのクレジットカード基礎知識

1番得するセブンイレブンの使い方デニーズなどにも応用可能!

【ご注意!】このページのコンテンツには、一部現状にそぐわない内容が含まれますので、ご参考にならないで下さい。

セブンイレブンを頻繁に利用しているという学生のために、セブンイレブンを最大限お得に利用する方法を伝授します。誰にでも簡単にできる方法です。

なお、お得になるのは、正確にはセブンイレブンだけではありません。セブンイレブン以外にもデニーズやイトーヨーカドーなどのお店でも同様のことが可能で、応用範囲は割と広いと思います。サイト管理人の場合は、セブンイレブンやイトーヨーカドーだけでなく、住民税など税金の支払いにもこれからお話する方法を応用・実践しています。

どのくらいお得なのか?一般クレカの6倍以上です

どのくらい得するかが分からないことには話しにならないと思います。セブンイレブンで税込1,080円分の買い物をした場合で35円のお得です。少ないと感じる方も少なくないと思いますが、還元率にすると3.2%(35×100÷1,080)です。一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%ですから実に6倍以上。いかがでしょう?少しはお得感が増すのではないでしょうか?

具体的にはどうすればいいの?nanaco払いでokですが・・

コンビニでは現金払いで買い物をされる方が未だに少なくないと思いますが、その一方で電子マネーを使用するという学生も確実に増えているのではないかと思います。一度電子マネーで支払うようになると、あまりにも便利すぎて現金払いに戻るのはとても難しくなります。

サイト管理人自身、電子マネーで払える場合は常に電子マネーでお金を払っていますので、手持ちの現金がなかなか減りません。従って、銀行ATMに並ぶことは年に数えるほどしかありません。

nanaco

個人的なことはさておきまして、具体的にどうするか?nanacoで払います。セブンイレブンですから当然です。セブンイレブンでnanaco払いをすると100円(税別)毎に1ポイントがもらえます。税込で計算すると108円毎に1ポイント。還元率は0.93%です。

セブンイレブンでnanaco払いをしている多くの方は、この程度しか得していません。先に述べた3.2%には遠く及んでいないことが分かるかと思います。

では、どうすればよいか?nanacoにチャージする際にクレジットカードを使用します。どんなクレジットカードでもいいわけではありません。以下の条件を満たす必要があります。

  • nanacoチャージに対応していること
  • nanacoチャージでポイント還元があること(ポイント還元のないカードが大半)
  • nanacoチャージの際のポイント還元が大きいこと
学生専用ライフカード

この三点を満たすクレジットカードでnanacoチャージをすれば、冒頭述べたような還元率が実現します。では、どのクレジットカードがよいか?答えは、当サイトでも人気の学生専用ライフカードです。※JCBブランドのものに限ります。

海外旅行や留学をする学生を中心に人気のあるクレジットカードですがnanacoチャージにも適正があります。ポイント還元率は基本0.5%と一般的なクレジットカードと変わりませんが、誕生月は還元率が5倍の2.5%に跳ね上がります。これは、nanacoチャージに利用した場合も変わりません。

これでお分かりになったと思いますが、学生専用ライフカードで誕生月にnanacoチャージを行い、そのnanacoをセブンイレブンで利用する。これで先の還元率3.2%が実現します。誰でもできる簡単な方法だと思いますがいかがでしょうか?

ご利用に当たっての注意事項

この方法を実行に移す上で注意して欲しい点をまとめます。

チャージしすぎない

学生専用ライフカードのポイント5倍は誕生月に限られますので、年に1度訪れる誕生月にある程度まとまった金額をチャージする必要があります。だからと言って、使う見込みのない金額をチャージしてしまうと、nanaco残高が残るばかりで使い道に困る可能性があります。使い道を考えて現実的な金額をチャージするようにして下さい。

なお、サイト管理人の場合は、nanacoモバイルとnanacoカードの両方を利用していますが、Maxの15万円をチャージしています(学生専用ではない普通のライフカードから)。nanacoポイントの対象外になりますが、セブンイレブンで公共料金の支払いに使えるため、簡単に使い切ってしまいます。

nanacoポイントが付かない加盟店もあります

nanacoで支払ってもnanacoポイントが付かない場合があります(クレジットカードに付くポイントではありません)。nanacoポイントが付くのは主にセブン&アイのグループ店舗が中心で、グループ外のお店ではnanacoポイントが付かないお店もちらほらあります。その場合は、クレジットチャージの際のカード利用ポイントのみになります。もっとも、その場合でも還元率2.5%でチャージしているわけですから普通より断然お得です。

用意するもの

nanacoには①nanacoカードと②nanacoモバイルの二種類あります。nanacoモバイルはアプリのダウンロードで利用できるため、初期費用はかかりませんが、nanacoカードの場合は、カード発行費用として税込300円が掛かります(セブンイレブンやイトーヨーカドーで入手可能)。

初期費用が掛からないnanacoモバイルがおすすめですが、毎月8の付く日にイトーヨーカドーへ行けば無料で発行してもらうことが可能です(その場で1,000円分のチャージが必要)。

ページトップへ