大学生のためのクレジットカード基礎知識

卒業時に就職先未定の学生はクレジットカードを最低一枚は作っておくべきという話

HOME>カードコラム>卒業時に就職先未定の学生はクレジットカードを最低一枚は作っておくべきという話

就職活動は大変です。不運にも不景気の時に就職活動をすることになってしまった学生の皆さんには、耐え抜いて、是非希望の企業から内定を勝ち取って欲しいと思います。

思えば何年も前になりますが、サイト管理人の就職活動は最悪でした。恥かしながら、内定を一つも得ることができずに卒業することになりました。就職先未定という不安定な状態ですから、周りが当たり前にしている卒業旅行もできませんでした。

サイト管理人の不遇の学生時代のことはさておき、不本意にも就職先を決めることができずに学校を卒業するという方には、卒業前にクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

どうしてクレジットカードを作らなければならないのか?

就職先を見つけずに卒業してしまうと、クレジットカードを作りづらくなるからです。学生時代は、自分が無収入でも親の信用でクレジットカードの審査に通ることが多いですが、卒業すると自分自身の信用が問われるため、無職・無収入だとクレジットカードの作成が困難になります。

卒業後、クレジットカードがどうしても必要になった際に、一枚でも持っていればそれで凌げますが、一枚も持っていないと困ってしまいます。

こんな人はクレジットカードを作らなくてもよい

卒業前に就職先が見つからず、そのまま卒業を迎えることになりそうな学生には、一枚でもいいので、クレジットカードを持っておいて欲しいと思います。

しかし、それはあくまでも、無職・無収入ではクレジットカードの審査に通りづらくなるため、審査の通りやすい学生のうちに作っておいた方が後々楽ですよということからそのように言っているだけであり、必ずしも全ての人がクレジットカードを持っていなければ(作らなければ)ならないわけではありません。特に、次のような場合は慌てて作る必要はありません。

親のクレジットカードの家族カードが作れる

家族カードを作ってもらうというのはいい方法だと思いますが、中には家族カードを作ることを良しとしない親御さんもおられるでしょうから、その辺はあらかじめ確認しておく方がよいと思います。

なお、家族カードを利用すると、カード利用明細から、あなたが何を購入しているかが一目瞭然になります。それでもよければ家族カードでもいいと思います。

就職先が見つかるまではバイトなどで収入を得るつもりだ

アルバイトをするなど収入を得ながら就職先を探したり、資格取得の勉強をされる場合も、在学中に焦ってクレジットカードを作る必要はありません。毎月ある程度の収入がある場合は審査に通るケースは少なくないからです。

どうしても必要性が感じられない

今現在はもちろん、近い将来を考えてもクレジットカードの必要性がどうしても感じられないという場合は、作らなくても良いかもしれません。審査が厳しくなるからと言って、必要性が感じられないものを作る理由はないからです。

卒業前にとりあえず作るクレジットカードはどんなのがいいか?

今回のようなケースの学生におすすめするのは、年会費が無料あるいは実質無料であることは当然として、サービスの継続性が見込めるクレジットカードです。

収益性の問題や提携企業との提携解消などを理由に個々のクレジットカードは、サービス提供を停止してしまうことがあります。頻繁にある話ではありませんが、全くないわけではありません。

例えば、Suica機能付きの高還元カードとして人気のあったYahoo!JapanカードSuicaは、2015年7月以降、更新カードの発行を停止していますし、旧九州石油のストークカードは、カード有効期限とは関係なく、一定期日を区切ってサービス提供を終了すると発表しています。このようなことは、決して珍しい話ではないのです。

就職先未定ということで、念のため在学中に作っておいたカードがこのようなことになってしまったらどうでしょう。次のカードが簡単に作れればいいですが、状況次第では作れないかもしれません。

そうならないためにも、サービス継続の見込みが高いクレジットカードを作ることをおすすめします。各カード会社を代表するようなプロパーカード(独自発行)で、発行開始からある程度の年数が経っているものがいいでしょう。このようなカードの場合、サービス停止となることは通常考えにくいからです。

おすすめクレジットカード

以下、特におすすめのクレジットカードをリストアップしましたので、ご参考下さい。

年会費指定

ページトップへ