大学生のためのクレジットカード基礎知識

クレジットカードの利便性

クレジットカードは便利でお得な道具です。管理人自身、社会人になって3,4年してようやくその便利さに気づきました。ちょっと遅いですが、気づいてからは生活する上で欠かせない大切なものになりました。一体、クレジットカードの利便性はどういった所にあるのか?いくつか紹介したいと思います。

振込手数料が掛からない

実店舗で買い物をする場合、現金の手渡しで支払いができますが、ネット通販を利用する場合は、現金の手渡しは物理的に不可能です。そこで活用されるのが銀行振込です。しかし、銀行振込は振込手数料が掛かります。手数料は一般的にお客負担なので品代や送料とは別に振込手数料の負担を強いられます。嫌ですね。

クレジットカードの場合は手数料は掛かりません。分割払いやリボ払いなど手数料の掛かる支払方法を選択した場合は別ですが、一括払いや二回払いといった手数料の掛からない方法で払えば手数料は一切かかりません。これは大きなメリットです。

入金確認が早い

これもネット通販に関連したメリットです。ネット通販は前払いが基本で、注文を出してからお店側で入金確認が取れるまでは、商品の発送作業に入ってもらえないのが一般的。支払い確認がとれてからはじめて対応してくれます。銀行振込の場合だと、入金確認までに時間がかかります。平日午後3時以降の振込だと翌日入金になるため、入金確認に時間がかかります。

クレジットカードの場合は、昼夜はもちろんのこと、土日祝日関係なく決済が可能なため、注文と同時に決済が完了し、お店側もすぐに発送作業に取り掛かれます。結果、商品到着までの時間を大幅に短縮することが可能になります。

現金がなくても買い物ができる

ランチを外食で済ませ、勘定を払う段階で手持ちの現金が不足していることに気づいたら・・・。ぞっとしますね。あなたの態度次第では無銭飲食で警察に引き渡されるかもしれません。そんな時に救ってくれるのがクレジットカードです。普段は使わなくても1枚だけでも持っていればいざという時に助かります。

大学生の場合、必要性や利便性、その他クレジットカード全般への理解の乏しさもあるせいか、クレジットカードを持っていない人が少なくありません。しかし、いざという時にクレジットカードを持っていると助かるということを覚えておいた方がいいと思います。

いざという時にお金を借りることができる

クレジットカードにはキャッシング機能が付いています。要するにお金を借りる機能で、ATMから預金を引き出すようにお金を借りることができます。お金がないのに飲み会に誘われてしまった時など急な出費の際に助かります。遠方で財布を落としてしまって電車賃がないなんていう時にも重宝します。

数日以内に繰り上げで返済してしまえば、金利手数料などごくわずかな金額で済みます。1万円を年利18%で1日借りた場合の金利はたったの8円です。こうした事実を知った上で使う・使わないの判断をされることをお勧めします。ただ、そうは言ってもキャッシングは借金です。むやみに頼ることはお勧めできません。

カード会社の補償

パソコンを買うために電気屋に10万円を持っていったとします。うっかり財布をなくしてしまったら、大抵お金は戻ってきません。運良く財布が見つかったとしても中身は空っぽ。お金が戻ってくることはないでしょう。世知辛い世の中ですが、これが現実。

しかし、クレジットカードを持っていけば、仮にカードの入った財布を落としてしまい、拾った人に高額商品を購入するなど悪用されてしまった場合でも、警察やカード会社への届出などをきちんと行っていれば、カード会社が補償してくれます。

海外で身分証代わりになる

海外旅行や海外留学に行く人で、クレジットカードを持っていかないという話しは聞いたことがありません。海外では、パスポートが身分証になりますが、なくしてしまった場合、再発行するのに時間がかかります。その間の身分証代わりとなってくれるのが、クレジットカードです。

両替の手数料がかからない

海外で両替する時には手数料がかかります。海外に行くとよく分かりますが、これが結構ばかになりません。しかし、カードを使えば両替が不要。つまり手数料がかかりません。ただ、念のため付け加えると、外貨で決済した場合は、カード明細到着時に一定の為替手数料がかかりますが、両替時の手数料と比べれば格段に安く済みます。

付帯サービス

クレジットカードには、様々な付帯サービスがついてます。カードによって内容は異なりますが、ポイント還元や旅行旅行保険、ショッピング保険や各種割引サービスなど。カードを所持することで得られる特典は少なくありません。

ページトップへ