大学生のためのクレジットカード基礎知識

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード~私のカード 管理人編~

HOME>私のカード>セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

詳細⇒セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、サイト管理人が過去に何年か使用していたことのあるクレジットカードの一つであり、唯一のプラチナカードでもあります。

数年間、散々使った挙句に解約してしまいましたが、どうして作ったのか?どう使ったのか?感想は?利用者だからこそお伝えできることをまとめたいと思います。

作ったきっかけ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを作る前は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードというこれまた長ったらしい名前のカードを仕事用のメインにしていましたが、カード利用額が入会当初と比べて減少傾向にあり、年会費(税別31,000円/当時は税別26,000円)の元を取るのが難しくなってきた中で、当カードに注目。

年間利用額次第では年会費(税別20,000円)が半額になることとJALマイル還元率の良さが決め手になり、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを解約し、このカードを作ることを決意しました。

面白いようにJALマイルが貯まった?!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを使い始めると、JALマイルが面白いように貯まりました。生活費のカード払いでは利用額もそれほど多くなく、マイルを貯めるのは大変ですが、このカードは、仕事用カードとして使っていたこともあり、また、年会費半額条件である年間200万円以上は普通に用途があったため、かなりのペースでマイルを貯めることができました。また、JALマイルを貯めることがこのカードを作った第一の目的であったため、目的は十分に達せられたと考えています。

貯まったマイルは特典航空券と交換し、格安旅行を楽しませてもらいました。特にリゾートホテルに数泊程度するような旅行だと交通費と宿泊費で結構な費用になりますが、交通費の分がマイルで賄えたので、結構助かりました。家族で石垣島に9泊したこともありましたが、その時も飛行機代は特典航空券で賄っています。カードのお陰です。感謝しなければなりませんね。

なお、法人向けのビジネスカードの多くは、ポイント制度の適用がなかったり、制度適用があっても還元率が個人向けクレジットカードのように高いものがないなど、個人カードよりもポイント面で優遇されない傾向にあります。

そんな中、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)に無料登録(通常年会費税別4,000円)すれば、毎月のカード利用額1,000円(税込)に付き10マイルという高いレートでJALマイルが付与されるほか、同じく2,000円に付き1ポイントの永久不滅ポイント(JALマイルへ移行できます)も付与されるなど、他のビジネスカードなど比較にならないほど優遇されています。

コンシェルジュサービスの利用は1回のみ

プラチナカードと言えば、あれこれ会員の要望に応えてくれるというコンシェルジュサービスですが、会員期間中に利用したのはわずか1回のみ。残念ながらシェアできるような体験談は特にありません。プライオリティ・パスに登録する際に必要だったので、デスクに電話をしたのが最初で最後だったと思います。

ちなみに、この時入会したプライオリティ・パスに関しても会員証をもらうのみで、残念ながら使う機会はありませんでした。

解約理由

カード入会以来、仕事用カードのメインとして沢山利用してきましたが、入会から数年程度で解約時期がやってきました。理由は単純明快です。仕事上必要なくなったから。年会費半額条件(年間200万円以上のショッピング)のクリアが難しいくらいカード利用額が少なくなってきて、将来的に利用額が増えることも見通せなかったため、解約となりました。

必要性が低くなり、メリットが小さくなる、あるいはデメリットの方が大きくなれば解約するのは当然の成り行きだと思います。必要になったら、またその時に申し込めばよいわけです。

初めてプラチナカードを利用してみた感想

基本的に仕事で使用していたネットサービスの支払いにカード払いを利用していた関係で、プラチナだからどうだとか言う感想は正直ありません。何度か対面で利用したこともありましたが、別に普通のクレジットカードを使うのと何ら変わりありませんでした。

高級ホテルやレストランなどで使用していれば、また違ったものを感じられたのかもしれませんが、そのような用途での利用機会はありませんでした。その辺が残念と言えば残念ですね。

以下は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴などについてざっくりお話したいと思います。

ちょっと変わったビジネスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、個人を対象としたビジネスカードであるため、個人事業主として開業されている弁護士や税理士など士業の方をはじめ、お医者さんなどを主な対象にしていると思われます。

しかし、ちょっと変わっていて、個人を対象にしたクレジットカードでありながら、その個人が経営している法人の銀行口座(口座名義に代表者名=申込者本人が併記されたもの)を引き落とし口座に指定することができるのです。

申込ができるプラチナカード

プラチナカードと言えば、カード会社からのインビテーションをもらって初めて申し込めるのが一般的(最近はそうでないプラチナカードも増えてきた)ですし、だからこそ価値があるという見方もできるのですが、このカードに関しては、ネット上に申込ページがあるため、カード会社からのインビテーションを待たずに自らの意思で申込ができる珍しいタイプのプラチナカードと言うことができます。

ちなみに、同じクレディセゾンから発行されている『セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』は、インビテーション制になっています。スペックもセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに近く、名称も似ているので紛らわしいですがご注意下さい。

年間利用額200万円を超えるなら検討すべし

特に法人でビジネスを経営している方は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを検討することをおすすめします。卒業後に法人の設立を考えている学生の方も同様です。ただし、年会費が半額になる年間利用額200万円越えは必須。越えるならかなりの恩恵に浴することができるはずです。ビジネス用途なら年会費は経費になることもお忘れなく!

なお、法人ではなく、個人事業主の場合は、個人向けの年会費無料、あるいは低年会費のお得なクレジットカードが多数あるので、何か特別な理由がない限りは、わざわざ高い年会費のものを選ぶ必要はありません。

主な特典

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、それなりの年会費が掛かることもあって、特典は盛り沢山。特に海外旅行関連の特典は秀逸。毎月のカード利用額税込1,000円毎に1JALマイルが貯まるSAISON MILE CLUB(通常年会費税別4,000円)に無料登録できるほか、最高補償額1億円の海外旅行保険は遅延費用補償が付くなど内容面も充実。

空港ラウンジサービスの最高峰『プライオリティ・パス』の最上級会員資格(プレステージ会員/通常年会費399米ドル)が無料で付くなど、日本全国はもちろん、海外でグローバルにビジネスをしたいという志を持つ方におすすめです。

その他、海外旅行関連以外にもコンシェルジュ・デスクなど沢山の特典がありますので、興味がある方は、公式サイトなどで確認してみることをおすすめします。

なお、プライオリティ・パスを主目的にするなら、年会費が安い(税別10,000円)楽天プレミアムカードがおすすめです。

詳細⇒セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

ページトップへ