大学生のためのクレジットカード基礎知識

クレジットカードの仕組み

クレジットカードは、カードシステム全体を提供するカード会社とそれを利用する加盟店と一般ユーザーである私たちの三者がそれぞれのメリットを享受する形で成り立っています。クレジットカードのユーザーである私たちが加盟店でカードショッピングをすると、購入額の5%前後の手数料が加盟店からカード会社に支払われます。これがカード会社の収入源のひとつとなります。

一方の加盟店は、支払い手段を増やすことで消費者に支払いの利便性を提供し、お客獲得の機会を増大させるというメリットを得ることができます。また、それだけでなく、現金の取扱い量を減らすことができるため、店員による現金の盗難や現金管理の事務負担が軽減されるというメリットもあります。また、クレジットカードを使うお客は現金客よりも多めにお金を使う傾向にあることから、お客一人当たりの売上増加という恩恵にも預かることができます。

そして最後に私たち。クレジットカードを使う私たちは、クレジットカードを使うことで、支払い時期を先延ばしにできるばかりでなく、現金払いでは得られないポイント獲得の恩恵を受けることも可能です。三者それぞれがメリットを享受できるために、クレジットカードのシステムが成り立っているのです。

ページトップへ