大学生のためのクレジットカード基礎知識

クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方は簡単なので、慣れてしまえばどうってことありません。未経験の方は、少額の買い物からで構わないので、一度体験してみることをお勧めします。最初はちょっと緊張するかもしれませんが、あまりの簡単さに拍子抜けするはずです。『クレジットカードが使えれば大人の仲間入り』というほどではありませんが、ほんの少し前進したと言えるかもしれません。

まずはカード裏面にサインを記入

カード裏面

カードが到着したらすぐにカード裏面にボールペンやサインペンでサイン記入します。サイン未記入の状態で盗難などに遭ってしまうと、カード会社による補償が受けられません。サインは、アルファベットでも漢字でも構いませんが、普段書き慣れた漢字が無難です。次にショッピングで利用する場合の使い方です。

お店編

当然のことですが、実店舗とネット通販とではクレジットカードの使い方が少し違いますので分けて説明します。特に実店舗で初めて使用する場合は、少し緊張するかもしれませんが、やってみると意外なほどに簡単です。

カード払いの可否を確認

カード払いができる場合は、レジ周辺あるいはお店入り口に利用可能なカードブランドのマークが表示されています。探すのが面倒なら店員に直接聞いてしまった方が早いです。カード払いが可能であっても、ブランドによっては利用できない場合もあります。店員に直接聞く場合は手持ちのカードの国際ブランド名を告げるとより正確な答えが返ってきます。国際ブランドとは、VISAやMastercard、JCBなどのことです。

カード払いをする

支払の段階で店員が『○○円のお買い上げです』と言うでしょうから『クレジットカードでお願いします』と言ってカードを渡します。『お支払方法はどうなさいますか?』と店員が聞いてきますので、『一括で』と答えます。聞かれる前に『一括払いでお願いします』と言ってしまっても構いません。

店員がカードをカードリーダーに通して、しばらくすると伝票が渡され、サインを求められますので、カードの裏側に書いてあるのと同じサインを記入します。なお、サインを記入する前に請求金額を必ず確認します。自分が購入した金額よりも多い金額が記載されていたら大変なことになりますので注意が必要です。サインした伝票を店員に渡すと、控えが渡されるので請求書がくるまで大事に取っておきます。簡単ですね。

なお、大手スーパーの食品売り場やコンビニなどでは、購入金額などにもよりますが、サインレスの場合が結構あります。お店によりサインの要否は異なりますが、サインレスの場合はほんとに楽です。

暗証番号の入力を求められることも

カード払いする場合にサインの記入を求められると言いましたが、サインではなく、暗証番号の入力を求められる場合もあります。暗証番号はカード入会時に自分で決めていますが、忘れてしまった場合はカード払いができなくなるので注意が必要です。

なお、暗証番号の入力を求められるのは、ICチップが内臓されたタイプのクレジットカード(ICカード)に限られます。ICカードの場合でもサインの記入を求められる場合もあります。要はお店で使っている端末によって異なるということです。

ネット通販編

ネット通販でクレジットカードを使うのは実店舗で使うよりも簡単。まずは、カード払いが可能かどうかを確認します。支払方法の説明ページを見れば分かります。カード払いが可能な場合は、利用可能なブランドをチェックし、自分のカードが使えることを確認します。

自分のカードが使えることが分かったら、決済ページに進んでカード払いを選択し、必要事項を入力します。大抵はカード番号と有効期限、カード名義、セキュリティコードの入力を求められます。セキュリティコードとは、カード裏面(表面の場合もある)に記載された番号のことで、下3桁の入力を求められるのが一般的です。

必要事項の入力が済んだら決済ボタンをクリックして終わり。簡単ですね。なお、カード決済の場合、カード認証の関係で送信に時間が掛かる場合があります。イライラして決済ボタンを複数回クリックしてはいけません。クリックした分だけ決済が行われてしまいます。

ページトップへ