大学生のためのクレジットカード基礎知識

VISAカード基本中の基本!最低でも1枚は持っておきたい

クレジットカードの国際ブランドの1つVISAは、五大国際ブランドの中でも最も加盟店数が多く、日本国内はもとより海外においてもその認知度は抜群。クレジットカードに詳しくない学生でも、VISAをご存知の方は少なくないと思いますが、VISAと言われても正直なところ何のことやらさっぱり分からないという方も多いのが現実だと思います。

これから先、長いクレジットカード人生を送る中で、大概の方は、VISAを利用する機会があるでしょうから、VISAとは一体何なのか?疑問を解決しておくことをおすすめします。

VISAを知るための5つのこと

まずは基本的なところから。

①VISAは決済インフラの提供会社でありブランド名です

VISAは、米国に本社を持つ会社で、クレジットカードやプリペイドカード、デビットカードなどの決済インフラを世界中に提供している企業で、その企業名が決済サービスのブランド名にもなっています。加盟店数はクレジットカードの五大国際ブランド中トップ。使い勝手は抜群です。

VISAのロゴが入ったクレジットカードをお持ちであれば、日本国内は元より、世界中のVISA加盟店で現地通貨を持たずとも買い物ができます。

②クレジットカードを発行する会社ではありません

VISAは加盟店網を含めた決済インフラを提供する会社であって、クレジットカードそのものの発行は行っておりません。クレジットカードの発行はVISAと提携関係にある三井住友カードなど個々のカード会社が行っています。そのため、VISAカードと言っても、○×会社のVISAカードがある一方で、△□会社のVISAカードも存在します。

③VISAと三井住友カードは別ものです

VISAと三井住友カードをごっちゃにしてしまう方がいるようですが、三井住友カードとVISAは無関係ではないものの、全くの別会社であり、VISA=三井住友カードではありません。『三井住友VISAカード♪』というフレーズがテレビCMでガンガン流れているため、混乱してしまう方が多いのかもしれません。

三井住友カードは、VISAからVISAカードの発行ライセンスを提供されているにすぎず、その点は、他のカード会社も同じです。もっとも、三井住友カードの前身である住友クレジットサービスという会社が、日本で最初にVISAと提携し、日本にVISAを認知させていったという歴史が、三井住友カードとVISAを混同してしまう方が多いのと関係しているのかもしれません。

④査証のVISAとは違います

ここまでくれば、あえて言うまでもないとは思いますが念のため。VISAには、査証(入国許可証)という意味もありますが、査証という意味のVISAとクレジットカードの国際ブランドとしてのVISAをごっちゃにしないよう注意して下さい。全くの別ものです。

⑤VISAの魅力

VISAの魅力は何と言っても加盟店数の豊富さです。要するに使えるお店多いということです。日本国内ではどの国際ブランドを選ぼうとも大差ありませんが、海外に行くと差が出ます。頻繁に行くことはないにしても、卒業旅行や短期留学などで学生期間中に海外へ行くという方は少なくないと思いますが、海外旅行に持って行くクレジットカードの国際ブランドを1つだけあげるとしたらVISAを除いて他にはありません。

もっとも、クレジットカードの国際ブランドはバランスよく持っているに越したことはありませんので、VISAだけに偏らせるのはあまり好ましいことではありません。

おまけ恥をかかないために

間違った言葉の使い方をすると、ちょっと恥ずかしい思いをすることがあります。学生のうちならあまり気にする必要もないかもしれませんが・・。以下ご参考まで。

支払いの時、『VISAで!』とは言いません

最近やっているか分かりませんが、VISAのテレビCMで、色々な支払いシーンが写されて、その度に『VISAで!』と役者が繰り返し言うというものがありましたが、実際にクレジットカードを使う時に『VISAで!』とは言いません。

『クレジットカードでお願いします』とか、『カードで』と言ってクレジットカードを差し出せばそれで用は足りますし、逆に『VISAで』と言うと、クレジットカードのことをよく知らない人に思われる可能性が高いと思います。

見ず知らずの店員にそう思われるならいいですが、友人や恋人の前で、それをやっちゃうとちょっと恥ずかしいかもしれません。VISAの認知度アップや会員獲得のために『VISAで!』と役者に連呼させたのでしょうが、実際の利用シーンでは普通は『VISAで!』とは言いません。

『VISA持ってる』とも言いません

『クレカ何持ってんの?』などと友人や恋人などに聞かれることは、あまりないと思いますが、聞かれた際に『VISA持ってる』と返答してはいけません。相手がクレジットカードのことをよく知らないで聞いてきた場合は、それでも通用するかもしれませんが、そうでない相手に対しては答えになっておりません。

このような場合は、『三井住友カードのデビュープラス』とか『JCBのEITカード』といった感じで返答すれば問題ありません。もっとも、クレジットカードには、沢山種類がありますので、人のクレジットカードを聞いたところで、聞いた本人が知らないカードであるケースがほとんどだと思います。

おすすめカード

VISAカードの代名詞とも言える三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめ(三井住友VISAクラシックカードなどでもOK)。

当サイト一番人気のカードで、初めてクレジットカードを作るという方にも最適。利用シーンを問わず堂々使える1枚です。ポイント還元率も1.0%と高いため、メインカードとして使えます。

ページトップへ