大学生のためのクレジットカード基礎知識

HOME>カード選びの着眼点>

JRE POINT機能付きクレジットカードJR東日本を利用する学生に!

JRE POINT

JRE POINT(JREはJR-EASTの略)は、アトレを中心とする一部駅ビルが、それぞれが独自に運営していたポイント制度を統合する形で2016年2月に誕生した共通ポイントプログラム。その後、Suicaポイントとビューカードのポイントプログラム『ビューサンクスポイント』を統合し、現在の形に。

JRE POINTは、1ポイント1円として駅ビルでの買い物などに使用できるほか、1ポイントからSuicaにチャージできるなど使い勝手は抜群。通学その他でJR東日本を利用する機会が多い学生にとっては、必須の共通ポイントです。

当ページでは、JRE POINTを分かりやすく解説するのはもちろん、より多くのポイントを得るために知っておきたい大事なこと、さらには、JRE POINTを貯めるのに適した学生でも作成可能なクレジットカードを紹介したいと思います。

[目次]

JRE POINTの主な特徴

JRE POINTは、鉄道会社が運営主体ということで、駅ビル(アトレやビーンズなど)をはじめ、駅構内・周辺にある多くのお店を加盟店に持つ共通ポイントプログラムです。駅周辺に加盟店が集まっているという意味では、利用者サイドとしては大変分かりやすく使いやすい共通ポイントと言えそうです。

基本となるポイント還元率は0.5%~1.0%。共通ポイントの還元率としては一般的な値ですが、やり方次第でかなりの高還元も実現可能(後ほど解説します)。ポイント有効期限は、利用者に嬉しい実質無期限(後ほど解説)となっていますので、ゆっくり時間を掛けてポイントを貯めていくことが可能です。

目次へ戻る

こんな学生におすすめ

繰り返しになりますが、通学その他でJR東日本の路線を利用している学生におすすめです。電車通学をしている方であれば、駅ビルで買い物をすることもあるでしょうし、小腹が空いた時に立ち食いそば屋でお腹を満たしたりすることもあるでしょう。喉が渇いた時には自販機で飲み物を購入することもあるでしょう。

その全てがJRE POINTの加盟店か否かは別として、ポイントの獲得・利用機会は多分にあろうかと思います。

また、冒頭でも触れましたが、JRE POINTは、1ポイント(1円相当)からSuicaチャージができます。Suicaへチャージできるということは、電車やバスなどの乗り降りに利用できますし、大手コンビニでも利用できますので、ポイントの利用先で困るといったことは皆無に等しいのではないかと思います。

目次へ戻る

JRE POINTの加盟店とポイントの貯め方

JRE POINTの加盟店は、ちょっと紛らわしいのですが、JRE POINTカードの提示でポイントが貯まる加盟店とJRE POINT WEBサイトに登録したSuicaで買い物をした際にポイントが貯まる加盟店の二つに分けられます。

これら二つの加盟店では、ポイントの獲得方法やポイントの付き方が異なりますので混乱しないようにして下さい。個々のお店がどちらに該当するかは、店頭あるいはレジに掲示してあるロゴマークの違いで見分けることができます。

JRE POINTカード提示でポイントが貯まる主な加盟店

JRE POINT加盟店

JRE POINTカード提示でポイントが貯まる加盟店は、アトレやアトレヴィなど、JR東日本の駅ビルが中心になります。目印は緑のロゴマーク。2018年8月時点では以下の駅ビルが該当します(全てではありません)。

①アトレ、②アトレヴィ、③ボックスヒル、④グランデュオ、⑤テルミナ、⑥シャポー、⑦シャポーロコ、⑧ビーンズ、⑨ラスカ、⑩ペリエ、⑪モントレー、⑫イーサイト、⑬アズ熊谷、⑭MIDORI、⑮シャル、⑯パセオ、⑰nonowa、⑱エクセル、⑲VAL、⑳エスパル、㉑フェザンなど。

これらのお店では、会計時にJRE POINTカードを提示することで、税抜100円毎に1ポイント貯まります。なお、JRE POINT加盟店の中でも、アトレやアトレヴィといったJRE POINT優待店では、JRE POINTカード機能付きクレジットカード『JRE CARD』を提示することで税抜100円に付き3ポイントが貯まります。

ちなみに、次に紹介する『登録したSuicaで買い物をした際にポイントが貯まる加盟店』が駅ビル内に出店しているケースもありますので、個々のケースでは店頭やレジ付近にあるロゴマークでご確認下さい。

登録したSuicaで買い物をした際にポイントが貯まる加盟店

JRE POINT加盟店

登録したSuicaで買い物をした際にポイントが貯まる加盟店は、旧Suicaポイントクラブに加盟していたお店が中心。

駅構内・周辺に出店しているNewDaysやKIOSKなどの売店や立ち食いそば屋や喫茶店などの飲食店などのほか、イトーヨーカドーや紀伊國屋書店、紳士服のコナカや洋服の青山など駅とはあまり関係のないお店も加盟していますので、電車の利用機会が少ない学生でも多少は利用機会があるのではないかと思います。

これらのお店では、登録したSuicaで会計した際に、税込100円、または税込200円に付き1ポイントが貯まります。JRE POINTカードを提示してもポイントは付きませんのでご注意下さい。

また、繰り返しになりますが、『登録したSuica』とは、JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaのことを言います。未登録のSuicaでは、いくら加盟店で利用してもポイントが付きませんのでご注意下さい。

以下、登録したSuicaで買い物をした際にポイントが貯まる加盟店の一例です。※2018年8月現在

ジャンル 加盟店 ポイント付与
コンビニ NewDays 200円=1ポイント
売店 KIOSK 200円=1ポイント
自販機 acure 100円=1ポイント
駅ビル・駅構内店舗 ecute 200円=1ポイント
Edy's Bread 200円=1ポイント
tekuteながまち 200円=1ポイント
GranAge 200円=1ポイント
黒塀横丁 200円=1ポイント
Kitchen Street 200円=1ポイント
飲食店・お弁当・お土産 いろり庵きらく 200円=1ポイント
駅そば 200円=1ポイント
Becker's 200円=1ポイント
BECK'S COFFEE SHOP 200円=1ポイント
駅弁屋 200円=1ポイント
銘品館 GIFT GURDEN 200円=1ポイント
スーパー・ショッピングセンター イトーヨーカドー 200円=1ポイント
Ario 200円=1ポイント
書店 紀伊國屋書店 100円=1ポイント
ファッション コナカ 100円=1ポイント
洋服の青山 100円=1ポイント
ホテル ホテルメッツ 200円=1ポイント
メトロポリタンホテルズ 200円=1ポイント
ホテルニューグランド 200円=1ポイント
飛行機 ANA※機内販売 200円=1ポイント
その他 ヤマト運輸 200円=1ポイント
Times 100円=1ポイント

まとめ

JRE POINTカード提示でポイントが付く加盟店と登録したSuicaで買い物をした際にポイントが付く加盟店の特徴を表にしました。

加盟店の種類 JRE POINTカード提示でポイントが貯まる加盟店 登録したSuicaで買い物をした際にポイントが貯まる加盟店
ロゴマーク JRE POINT加盟店 JRE POINT加盟店
ポイント獲得方法 JRE POINTカードの提示 登録したSuicaでの支払い
ポイント付与 税抜100円毎に1ポイント 税込100円または200円毎に1ポイント
主な加盟店 駅ビル 駅構内・周辺店舗(KIOSKなど)
その他 - JRE POINTカードの提示ではポイントが付かない

目次へ戻る

JRE POINTを上手に貯めるために知っておきたいこと

JRE POINTをより効率よく貯めて、ポイント生活を楽しみたいという方に是非知っておいて欲しいことをこれから書きたいと思います。

Suicaチャージはビューカードから

当ページをご覧になっている方の多くは、日頃からSuicaを利用しているのではないかと勝手に想像しているのですが、Suicaへのチャージをビューカード発行のクレジットカードから行うことで、JRE POINTが1,000円に付き15ポイント付くのをご存じでしたか?還元率1.5%ですから現金払いよりも圧倒的にお得です。

普通に現金でチャージしてもポイントは付きませんから、Suica利用が特に多いという学生は、ビューカード発行のクレジットカード、例えば、ビックカメラSuicaカードとか「ビュー・スイカ」カードの作成を真剣に検討することをおすすめします。※ビューカードと言っても、イオンSuicaカードなどのⅱマークのある提携カードはこの限りではありません。

ビューカードからチャージしたSuicaをJRE POINT加盟店で使うと・・

JRE POINT加盟店では、JRE POINTカードの提示や登録したSuicaでの支払いでポイントが付くという説明をしましたが、その際にビューカード発行のクレジットカードからチャージしたSuicaで会計をすれば、チャージ時と利用時の両方でポイントが付くことになります。いわゆるポイントの二重取りというやつです。

例えば、カード提示でポイントが貯まる駅ビルで買い物をした場合、カード提示による1%とチャージ時の1.5%の合計2.5%分のポイント還元が得られる計算になります。

目次へ戻る

ポイント有効期限

JRE POINTの有効期限は、獲得や利用などでポイント数に変動があった日の2年後の月末まで。つまり、約2年間に一度でもJRE POINTを獲得、あるいは利用すれば、有効期限がリセットされるため、よほどのことがない限り、期限切れによる失効はありません。実質無期限と言っても言い過ぎではありません。

目次へ戻る

JRE POINTの主な使い道

JRE POINTの主な使い道は、駅ビル(アトレやアトレヴィ、ビーンズなど)での買い物の際に1ポイント=1円として利用したり、Suicaチャージ(1ポイント=1円分からOK)やSuicaグリーン券との交換も可能です。※SuicaチャージやSuicaグリーン券との交換にはJRE POINT WEBサイトにSuicaを登録する必要があります。

その他、JR東日本グループが運営するショッピングモール『JRE MALL』での買い物に利用したり、JRE POINT WEBサイトで、ポイント数に応じた各種商品と交換したりすることができます。

使い道は人それぞれですが、Suica利用者であれば、Suicaチャージが使い勝手がいいのでおすすめです。また、普通列車グリーン券との交換も◎。必要ポイントが600ポイント(2019年6月迄/以降は700ポイント)と一定なのに対し、販売料金は平日・休日、営業キロ数、事前料金・車内料金などに応じて570円~1,240円と幅があることから、利用方法によっては、大幅にポイント価値が上昇します。

なお、残念ながら、他のポイントへの移行サービスは、現時点ではありません。ビューカードをお持ちの家族間でのポイント移行があるのみです。

なお、ポイントの使い道の注意点としては、JRE POINT WEBサイトに登録しているカード等の種別により、交換可能商品に違いがあるということです。例えば、Suicaのみ登録している場合は、駅ビルなどJRE POINT加盟店での利用はできませんし、ビューカードのみを対象とした各種商品との交換も行うことができません。

目次へ戻る

プログラム参加に必要なもの

JRE POINTに参加するのに必要なものについて紹介します。次のうちいずれか一つでも持っていれば参加可能ですが、どれを使用するかで、ポイントの獲得機会や利用機会が異なってくるので要注意。ポイント獲得・利用において、より多くの機会を求めるのであれば、ビックカメラSuicaカードなどJRE POINTカード機能付きのビューカードがおすすめ。

JRE POINTカード

JRE POINTカード

JRE POINTカードは、JRE POINT加盟店などで12歳以上から作れる年会費無料のポイントカード(クレジット機能なし)。JR東日本の駅ビルなど緑のロゴマークのある加盟店で提示すると、ポイントを貯めたり使ったりすることができます。

このJRE POINTカードをJRE POINT WEBサイトに登録したSuica利用でポイントが貯まる加盟店(黄色いロゴの加盟店)で提示してもポイントを貯めたり、使ったりすることはできません。

なお、アトレが発行していたポイントカード『アトレカード』かボックスヒルの『ボックスヒルズカード』をお持ちの場合は、そのままJRE POINTの会員証として継続利用が可能です。

また、テルミナカード、グランデュオカードをお持ちの方がJRE POINTの会員になるには、JRE POINTカードへの切り替えが必要になります。

Suica

記名式のMy SuicaやSuica定期券、モバイルSuicaなどをお持ちの場合、JRE POINT WEBサイトに登録することで、JRE POINTに参加できます。※無記名のSuicaカードでは、JRE POINT WEBサイトに登録できません。

駅ビルを中心とした緑のロゴマークが目印の加盟店では、ポイントを貯めることができませんが、黄色のロゴマークが目印の加盟店では、Suica決済によりポイントを貯めることができます(使用は不可)。

ビューカード

イオンSuicaカードなど『ⅱマーク』のあるカードと法人カードを除くビューカード(クレジット機能付き)をお持ちの場合、JRE POINTカード機能が付いているため参加できます。当サイトで紹介している、JRE CARD「ビュー・スイカ」カードビックカメラSuicaカードなどが該当します。

ただし、2018年6月以前に発行されれたビューカードには、JRE POINTのロゴマークやJREP番号が券面に記載されてないものがあります。それらについては、カード提示によるポイントの獲得や利用ができません。カード提示でポイントを貯めたり、使ったりしたい場合は、別途JRE POINTカードを作成&登録するか、更新カードが届くのを待つ必要があります。

目次へ戻る

積極的にJRE POINTを貯めたい人におすすめのクレジットカード

年会費無料で作れるJRE POINTカード(クレジット機能なし)や無記名式以外のSuicaをお持ちであればJRE POINTに参加できるため、必ずしもクレジットカードを作る必要はありません。

ただ、JR東日本の駅ビルや通学その他でJR東日本を利用する機会が多く、積極的にJRE POINTを貯めたいという学生は、JRE POINTがよく貯まるクレジットカードを検討してみることをおすすめします。

通常のクレジット払いでJRE POINTが貯まるのはもちろん、VIEWプラス対象商品・サービス(Suicaへのクレジットチャージなど)で使用するとポイント3倍になるなどメリットは少なくありません。

JRE CARD

JRE CARD

JRE CARDは、ビューカード発行の各種カードの中でも最もJRE POINTが貯まりやすいカードです。年会費が税別477円(初年度無料)掛かるのは残念ですが、カード提示でポイント3倍になるJRE POINT優待店(アトレやアトレヴィ、ペリエなど)を利用する機会が多い学生には、是非検討して欲しいと思います。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

JRE CARDは二年目から年会費が掛かりますので、節約志向の学生にはちょっと不向きかもしれません。そういった学生にはビックカメラSuicaカードがおすすめ。

年1回以上のクレジット払いで翌年度の年会費が無料になる年会費無料条件が付くほか、ポイント還元率1.0%という高率ポイント還元が魅力の一枚です。※サイト管理人も使用していますが、ビックカメラの利用機会がない学生にもおすすめです。

目次へ戻る

JRE POINTが貯まるクレジットカード一覧

JRE POINTカード機能搭載の学生でも作れるクレジットカード一覧です。

年会費指定

[関連サイト]

最終更新日:2018年8月25日

ページトップへ