大学生のためのクレジットカード基礎知識

HOME>カードニュース>

イオンゴールドカード 空港ラウンジと海外旅行保険が拡充されます

年会費無料のゴールドカードとして人気の高いイオンゴールドカードの旅行関連特典の一部がリニューアルされるとアナウンスがありました(2019年1月7日付け)。実施時期は2019年4月1日から。具体的内容は以下をご覧下さい。

[目次]

空港ラウンジサービスの拡充

イオンゴールドカードの空港ラウンジサービスは、これまで、羽田空港国内線の6ラウンジのみでしたが、成田空港や伊丹空港などが加わって、6空港12ラウンジ体制へ刷新されます。

他の一般的なゴールドカードと比較してしまうとまだまだと言えなくもありませんが、年会費無料で、しかもわざわざ拡充してくれるのですから文句の付けようはありません。

従来 2019年4月1日以降
羽田空港国内線/6か所 羽田空港国内線/6か所
成田国際空港 IASS Executive Lounge 2
新千歳空港 スーパーラウンジ(国内線)
伊丹空港 ラウンジオーサカ
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME(国内線)/ラウンジTIMEインターナショナル(国際線)
那覇空港 ラウンジ華~hana~

目次へ戻る

海外旅行保険 補償上限額の引き上げと利用付帯化

海外旅行保険に関しては、補償の上限額の引き上げ付帯条件の変更です。

機種 従来 2019年4月1日以降
付帯条件 自動付帯 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高5,000万円
傷害による治療費用 最高200万円 最高300万円
疾病による治療費用 最高100万円 最高300万円
携行品損害 最高30万円
免責:3000円/事故
最高30万円
免責:3000円/事故
個人賠償責任 最高3,000万円 最高3,000万円
救援者費用など 最高100万円 最高200万円

今回のリニューアルで注目したいのは、補償額の拡充はもちろんですが、付帯条件の変更です。悪く言えば改悪です。従来は自動付帯といって、海外旅行目的で自宅を出発すれば自動的に保険が掛かっておりましたが、今後は旅費のカード払い(イオンゴールドカードでの支払い)が保険適用の条件となります。

旅費というのは、具体的には、①公共交通乗用具か②募集型企画旅行のことを指しています。空港までの電車賃やツアー代金をカード払いすればOKです。小さな駅にまであるかは分かりませんが、それなりの規模の駅ならカード払いで切符が買える券売機がありますので、さほど難しく考える必要はないかと思います。

それから拡充となった補償額について。重要度の高い治療費用関連が最高300万円に引き上げられたのは大きいです。年会費1万円ほどするゴールドカードでも300万円未満としているケースが少なくありませんので、今回の引き上げは、イオン銀行も頑張った感じがします。

適用開始

新しい海外旅行保険は、2019年4月1日から実施されることになりますが、具体的には、4月1日以降に日本国内の自宅を出発した海外旅行から適用となります。3月31日に自宅を出発し、その日は空港近くのホテルで一拍して翌日(4月1日)に飛行機で出国するような形では適用されないということです。ただし、出国日が4月2日以降になる場合は、自宅を出発した日時は問われず、新しい制度が適用されるとのこと。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、この時期に海外旅行へお出かけになるイオンゴールドカードをお持ちの方はお気を付けください。

なお、海外旅行保険について詳しく知りたい方は、当サイトの人気記事『海外旅行・留学を考えている学生におすすめのクレジットカード』をご覧下さい。

目次へ戻る

対象となるゴールドカード

イオンゴールドカードの特典リニューアルということで紹介していますが、リニューアルの対象となるゴールドカードは、以下の五券種となります。

  • イオンゴールドカード
  • イオンゴールドカード(WAON一体型)
  • イオンゴールドカード(ディズニー・デザイン)
  • イオンゴールドカードセレクト
  • イオンゴールドカード(ディズニー・デザイン)

目次へ戻る

イオンゴールドカードを作るには

イオンゴールドカードは招待制をとっているため、自ら申し込んで発行してもらうことはできません。イオンカード側が定める条件を満たした方に招待状が送られてくるようですが、その具体的条件は、直近1年間のショッピング利用額100万円以上というものを除いては非公表となっています。

ネット上では、イオン銀行での定期預金500万円以上などといった情報がいくつも出ていますで、興味のある方はお調べになってみることをおすすめします。

なお、イオンゴールドカードは、今回リニューアルの対象となった空港ラウンジサービスや海外旅行保険以外にも、他のゴールドカードに引けを取らない充実した国内旅行保険とショッピング保険が付いているほか、イオンラウンジサービス、各種イオングループでの特典(割引やポイント優遇など)、共通ポイントWAON POINT機能、電子マネーWAONが付いた多機能・高付加価値カードです。

ステータス性は期待できないかもしれませんが、実用面での価値は十二分にありますので、学生の皆様も狙ってみてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

主な関連ページ

目次へ戻る

参考記事:年会費無料のイオンゴールドカード 特典リニューアル!

最終更新日:2019年1月23日

ページトップへ