大学生のためのクレジットカード基礎知識

HOME>ビューカード>

ルミネカードいつでも5%OFF!!ルミネで買い物機会がある学生に

詳細⇒ルミネカード

ルミネカード

ルミネカードは、首都圏在住で、JR東日本の駅ビル型ショッピングセンター『ルミネ』やルミネの通販サイト『アイルミネ』、2016年春に開業した新宿駅直結の複合施設『NEWoMan(ニュウマン)』(以下、ルミネ等と記述します)を利用する機会が多い学生に注目してもらいたいクレジットカード。

ルミネ等で買い物をするといつでも5%引き(年間数回は10%引きも)になるほか、ルミネ等での年間利用額に応じて最大5,000円分のルミネ商品券がもらえるなどルミネ関連特典が充実。

また、ビューカード発行のクレジットカードということでSuica関連の特典も充実。交通系ICカード『Suica』機能が搭載されるほか、クレジットカード一体型の定期券『Suica定期券』も利用可能。また、Suicaへのクレジットチャージやオートチャージでのポイント3倍(還元率1.5%)は、Suicaの利用機会が多い方には大変嬉しいサービスです。

その他、JR東日本グループの共通ポイントサービス『JRE POINTカード』機能も搭載(発行時期が古いカードには未搭載)。アトレやアトレヴィ、ペリエ、ビーンズなど首都圏の駅ビルを中心としたJRE POINT加盟店をご利用の際にルミネカードを提示するとJRE POINTがもらえます。

というように、特典充実のルミネカードですが、気になる点が一つ。年会費が掛かるということ。初年度は無料ですが、次年度以降は税別953円。ルミネ等を利用する機会が多く、割引特典が使える方なら比較的簡単に年会費の元が取れるので問題ありませんが、そうでない方は、年会費の払い損になるかもしれませんのでご注意下さい。

ルミネでお得!

ルミネ関連の大きな特典としては、5%offと年間利用額に応じた商品券進呈があります。

ルミネ等での買い物がいつでも5%off

ルミネカードを使用してルミネ等で買い物をするといつでも5%offになります。衣料品はもちろん、食料品や書籍なども値引き対象となるので、利用機会が多い方は、かなりのメリットが得られるはず。年に数回は割引率が10%になるため、それを狙って利用するのもいいでしょう。

割引対象となるのは、ルミネ14店舗(新宿、ルミネエスト新宿、有楽町、池袋、北千住、立川、荻窪、ルミネマン渋谷、ルミネ ザ・キッチン品川、横浜、町田、藤沢、大宮、川越)と大船ルミネウィングのほか、ネット通販アイルミネ、新宿駅新南エリアにあるNEWoManになります。

年間利用額に応じてルミネ商品券進呈

年間利用額 商品券
20万円~50万円未満 1,000円分
50万円~70万円未満 2,000円分
70万円~100万円未満 3,000円分
100万円以上 5,000円分

ルミネ等での年間(1/1~12/31)利用額に応じてルミネ商品券をプレゼント(ルミネスペシャルサンクス)。 年間20万円以上が最低ラインになりますので、学生にはちょっと厳しいかもしれません。

なお、ルミネ等での年間利用額が100万円以上になると、プレミアム体験キャンペーンを抽選でプレゼント。プレミアム体験の一例として、有名レストランでのお食事付き歌舞伎や劇団四季鑑賞などが紹介されています。

ルミネで100万円も使う人なんているんでしょうかね。とても信じられませんが、そういう人もきっといるんでしょう。

Suica関連特典

ルミネカードにはSuica機能が搭載。クレジットチャージポイント3倍やモバイルSuicaの年会費当面無料など関連機能・サービスが大変充実しています。利用機会がある学生におすすめです。

Suica定期券機能

Suica定期券とクレジットカードが一枚に。財布やカードケースがスッキリします。定期券機能のあるSuica付きクレジットカードは、ルミネカードのほか「ビュー・スイカ」カードJRE CARD(Suica定期券付)など全部で5券種しかなく、意外と貴重です。

Suicaチャージでポイント3倍

Suicaチャージにルミネカードを利用するとポイント付与率が3倍(還元率1.5%)になります。ビックカメラSuicaカード「ビュー・スイカ」カードなど他のビューカードと同様ですが、Suicaのクレジットチャージにおける最高還元率となります。

なお、オートチャージ以外でルミネカード搭載のSuicaにチャージする場合は、JR東日本の駅周辺を中心に設置されているATM『VIEW ALTTE(ビューアルッテ)』や多機能券売機で行えます。

オートチャージ機能

オートチャージとは、駅自動改札を出入りする際に、Suica残高があらかじめ設定した一定金額(1,000円以上10,000円以下で1,000円単位)以下になっていた場合に自動的にクレジット決済でチャージ(1,000円以上10,000円以下で1,000円単位)してくれる便利な機能。首都圏や新潟、仙台のSuicaエリアや首都圏のPASMOエリアで使えます。

オートチャージに関する設定は、駅のATM『VIEW ALTTE(ビューアルッテ)』で行えます。また、ルミネカードのオートチャージ機能は、ルミネカード搭載のSuicaへのオートチャージだけでなく、クレジット機能のない記名式SuicaやSuica定期券、モバイルSuicaへのオートチャージ設定も可能です。

モバイルSuicaの年会費が当面無料

モバイルSuicaの年会費は通常1,030円(税込)掛かりますが、ルミネカードを登録すると年会費が当面無料になります。何年も前から『当面』無料となっていますが、有料化される気配はありませんので、あまり気にする必要はないでしょう。モバイルSuicaは残高確認やチャージなど、カード型Suicaよりもかなり便利でおすすめです。

ポイントプログラムSuicaチャージやJR東日本での利用に強み

ルミネカードは、JR東日本グループの共通ポイント『JRE POINT』が適用されます(2018年6月にビューサンクスポイントから変更)。毎月のカード利用額1,000円(税込)毎にJRE POINT5ポイント(5円相当)付与が基本となります。

また、共通ポイント『JRE POINTカード』機能搭載のため、アトレなど首都圏の駅ビルを中心としたJRE POINT加盟店をご利用の際に、ルミネカードを提示すると税抜100円に付きJRE POINT1ポイントもらえます(カード決済の場合、その分は別途もらえます)。

ルミネカード

なお、従来のビューサンクスポイントからJRE POINTへの変更は2018年6月に実施されたため、古いルミネカードの券面にはJREP番号(JRE POINTの会員番号)の記載がないため、JRE POINT加盟店でのカード提示によるポイント付与はありません。JREP番号は、2018年8月以降に有効期限を迎える更新カード、あるいは新規発行のルミネカードに記載されます。

ポイント有効期限は、獲得・利用でポイント数に変動があった日から2年後の月末まで。普通に利用していれば、期限切れで失効してしまうことはまずありません。実質無期限と言ってしまってもいいでしょう。

獲得ポイントは、JRE POINTに加盟するJR東日本の駅ビル(アトレやアトレビ、ビーンズなど)やSuicaチャージ(1ポイントからチャージ可能)に利用したり、ルミネ商品券に交換できます。また、Suicaのイメージキャラクターのペンギングッズとの交換も可能です。

Web明細ポイントサービスへの登録で毎月50ポイント

カード利用明細を紙の明細からネット上で確認するWeb明細に切り替えると、明細発行の都度、JRE POINT50ポイントがもらえます。明細発行がない月はポイント付与はありませんのでご注意を。

毎月欠かさずポイントをもらうと年間600ポイント(カードショッピング12万円でもらえるポイントに相当)にもなります。そのためにも、月額課金サービスを一つでもルミネカード払いにすることをおすすめします。

VIEWプラスでポイント3倍

JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機などで乗車券や定期券、特急券、回数券、旅行商品等を購入したり、Suicaへのクレジットチャージ、オートチャージなどに利用すると、1,000円に付き15ポイント(ポイント3倍/還元率1.5%)もらえます。

LUMINE STYLE国内最大級の割引・優待サービス

これもルミネカードの大きな特典の一つです。LUMINE STYLEは、国内20万以上の施設で利用可能な割引・優待サービス。国内最大級の法人向け福利厚生サービス『クラブオフ』との提携により提供されています。

割引・優待の対象ジャンルは、グルメ(ファミレスから高級ホテルのレストランまで)やレジャー施設、旅行(ツアーや宿泊)はもちろん、語学(アルクやイーオン、ECC)や資格関連(TACや大原)などあらゆるジャンルに及びますので、友人とのお出かけや食事、彼・彼女とのデートや旅行、自己啓発などあらゆるシーンで利用できます。

なお、利用できるのはカード会員本人だけではありません。ご家族も利用できますし、同伴する友人・知人も優待の対象になりますので大変お得ですし、使いやすいものになっています。

旅行保険

ルミネカードには、国内旅行、海外旅行の際に利用できる旅行保険がセットされています。

海外旅行保険

補償項目 補償額
死亡・後遺障害 最高500万円
治療費用 最高50万円
救援者費用 -
賠償責任 -
携行品損害 -

ルミネカードには旅行や留学など海外渡航の際に利用できる海外旅行保険が付帯しています。利用しやすい自動付帯となっていますが、同クラスのクレジットカードと比べた場合、その内容はかなり貧弱なものになっていますので、海外旅行保険目的で保有するのには適しているとは言えません。

国内旅行保険

補償項目 補償額
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院費用 日額3,000円
通院費用 日額2,000円
手術費用 3万円

切符や旅行商品をルミネカードで購入すると、改札から入って出るまでの事故を補償してくれます。

年会費の元を取るには・・

ルミネカードは二年目から年会費が掛かる有料カード。わずか953円(税別)とは言え、大事なお金を払う訳ですから、元を取りたくなるのが人情。そこで、どの程度で元が取れるのか?ざっくりですが見てみましょう。

①Web明細ポイントサービスに登録

先にも紹介しましたが、毎月コンスタントにポイントがもらえるWeb明細サービスに登録します。これは必須ですね。毎月必ずカード請求があるよう月額課金サービスなどをルミネカードで払うようにします。これで年間600ポイント(600円相当)は確実です。

②ルミネでお買い物

Web明細ポイントサービスで600円相当のポイントをもらうため、残りは400円程度。毎月7,000円(年間84,000円)のカードショッピングがあれば、420ポイントもらえるので元は取れますが、多くの学生にとってはハードルが高く、現実的ではないかもしれません。

そこで、いつでも5%引きになるルミネやアイルミネでのお買い物をした場合で考えてみましょう。ルミネやアイルミネで8,000円分の買い物をすると5%引きなので400円値引きされます。Web明細ポイントサービスでの600ポイントを足して1,000円相当のポイントになり、年会費953円(税別)の元がほぼ取れる計算になります。

申込前の注意点

ルミネカードに申込をする前に注意点をいくつか。本文中で書いたことの繰り返しになる部分もありますが念のため。

年会費が掛かります

初年度は無料ですが、二年目以降は税別953円の年会費が掛かります。ETCカードにも本カードのものとは別に年会費477円(税別)が掛かります。ETCカードは希望者のみ発行されるものですので不要な方は発行してもらう必要はありません。

海外旅行保険は他のカードの方がいい

本文でも説明いたとおり、ルミネカードの海外旅行保険は他と比べると補償額・補償項目が少なく貧弱です。海外旅行保険を主目的にクレジットカードを作るのであれば、他を検討することをおすすめします。

評価

年会費が掛かるという点では学生向きとは言えません。ただ、ルミネ(アイルミネ、NEWoMan含む)でいつでも5%off(年に数回は10%off)は大きいです。通学途中にルミネがあるなど、日頃から洋服や雑貨、化粧品などを購入したり、食事やお茶をする機会が多いという学生は検討してみる価値は十二分にあろうかと思います。

詳細⇒ルミネカード

カード名称 ルミネカード
年会費 本カード 税別953円(初年度無料)
ETCカード
希望者のみ
年会費:税別477円/発行手数料:無料
最短発行 1週間
国際ブランド VISAMastercardJCB
申込資格 日本国内にお住まいの18歳以上の方(高校生を除く)で電話連絡が可能な方。※未成年者の場合は親権者の同意が必要です。
発行会社 株式会社ビューカード

【関連ページ】

最終更新日:2018年11月5日

ページトップへ